競馬の基本を知ろう!初心者向け解説〈血統編〉

 

 

血統といわれてもよく分からない...

 

よく予想に使っている人がいて自分もつかってみたい!

 

などなど血統の知識ってよく分からない、どのように予想に使えばいいのか分からないといった方多いと思います!

 

白くまも血統についての専門家ではありませんが、血統についての覚えておいた方がよいことをまとめてみました!

 

血統って何?

血統はザックリ言いますとその馬がどのような特徴を持つ親から生まれたのかが分かるツールであるといえるでしょう!

 

なので、馬の特徴やコースの適性を血統から予想することが出来るので競馬の予想に使われることが多いのです!

 

実際に競馬ファンでなくても名前は知っているであろうディープインパクトなんかは子どもたちにもそのキレ味鋭い末脚を継承していて、同じような勝ち上がり方をしています。

 

ここまでのことを踏まえると、じゃあ血統だけで予想すればいいじゃん!と思う方もいると思いますが血統はあくまで馬の特徴について予想するもので、苦手な条件でもトレーニングなどで克服することはあるので、あくまで参考程度に血統を使うことをおすすめします!

 

日本の競馬ではよく見る血統について紹介していきたいと思いますが、大雑把にまとめているのでミスタープロスペクター系でもノーザンダンサー系に近い系統なども存在するので、細かいところまで知りたい!という方はネットや本で詳しく調べることをおすすめします。

 

血統の特徴〈サンデー系

日本における主流な血統であるサンデー系は3タイプに分けることが出来て、それぞれに特徴が異なるものになっています。

 

・Tサンデー系 芝の長距離に強い

 

・Pサンデー系 芝の中距離(1600mくらい)に強い

 

・Dサンデー系 ダートに強い

 

日本のレース距離は1600m~1800m当たりに集中していることからサンデー系が日本のサラブレッドの主流になっている理由であるといえるでしょう!

 

サンデー系は日本のレースで求められる直線のスピードに長けている特徴があることを頭に入れておくと予想にうまく生かせると思います。

 

直線勝負には強いのですが、最後の直線に入る前にスタミナを使い切ってしまい追いきれない場合もあります。

 

血統の特徴〈ミスタープロスペクター

ミスタープロスペクター系はアメリカで主流の血統で日本の中では非主流ではありますが、日本でも多くみられる血統です。

 

ミスタープロスペクター系をはじめとするアメリカでの主流血統は加速能力と持続力に長けている特徴があります。

 

そのためHペースでも強いのですが、差し勝負などになるとガス欠となってしまう場合も多々あります。

 

血統の特徴〈ノーザンダンサー

ノーザンダンサー系はヨーロッパにおける主流血統となっていますが、日本型とアメリカ型どちらに似ているかといえばアメリカ型に少し似ているものになっています。

 

ノーザンダンサー系はパワーとスタミナに秀でている特徴があり、馬場が荒れてもパフォーマンスを落としにくい血統となっています。

 

パワーとスタミナがある反面、スピードが求められる日本の競馬では最後の直線で負けてしますというケースが見受けられます。

 

まとめ

どうでしたか?血統の意味を少しでも知ると競馬の見方が変わってきたと思います。

 

私も競馬を始めたての頃はどのような特徴があるかなどはしらずに予想していましたが、血統を少し理解するだけでレースを予想するファクターとして重宝するものとなっています。

 

この記事を読んで少しでも興味をもっていただけたら幸いです!