競馬の基本を知ろう!初心者向け解説<予想方法編>

 

 

競馬予想は色々ありますが、最初は誰しも自分に合ったものが分からず難しいと思いますが少しでも予想のヒントにしていただけたらと思います!

 

予想方法として考えられるのは、

 

・血統

・前走

・レース展開

・ラップ

・調教

その他色々

 

血統

血統を中心にレース予想をする方法です。

 

予想の仕方としては、

 

◯◯が父親だからこのコースでは勝てる!

 

◯◯と△△は素晴らしい配合だからよく走るはず!

 

といった方法が考えられます。

白くまもそうですが初心者の方は知識がないと予想ができないので、まずは勉強するところから始めないといけません。

 

なので少しハードルが高いですが、競馬を違った面で楽しめるので血統を学んでも損はないと思います!

 

有名な予想家さんは

亀谷敬正(かめたにたかまさ)さんがいます!

 

興味のある方は著書を読んでみると参考になると思います!

 

前走予想

前走の成績からコースの相性や調子をみて予想する方法です。

 

馬も生き物であるのでどうしても調子によって成績が変わったりするものです。

 

なので、一番近いレースの結果から考えるというのは合理的ですよね!

 

この方法もなかなかメジャーなものでありますし、競馬新聞などでも前5走までは書いてるので取り入れやすいものであると思います。

 

ラップ

上がり3Fのラップの推移やどのくらいのスピードで走っているのかなどを予想のファクターとする方法です。

 

ラップの分析はどの地点から考えるのかによっても計算の方法なども変わるので、難しいものであると思います!

 

ちなみに白くまは全くラップは分かりません(笑)

使いたいと思う方はネットや本で調べてみると良いとかもしれませんね!

 

調教

 レースに出る馬がどのような調教を経てきたかでどのような仕上がりか、どのような走りができるかを考え予想する方法です。

 

調教はまずどのような施設がそれぞれの施設にあるかを把握し、その使用目的などを理解しなければいけないので血統と同じく覚えるまでが大変であると思います。

 

また、調教のデータを入手する方法なども確保する必要があるので初心者には少しハードルの高い予想方法であると思います。

 

 

まとめ

今回の記事では予想に活用できる要素について紹介しましたが、どのような要素を重要とするかによって活用の仕方も変わってくると思うので自分の予想にあったものを使っていくということが大事だと思います!