競馬初心者白くまの競馬ブログ

競馬初心者の白くまのブログ 予想や競馬に関することを書いていきます

白くまの血統解説!サンデーサイレンス系編

今回から新シリーズ血統の解説を始めていきたいと思います!

 

白くま自身も血統を勉強中なので一緒に血統への理解を深められたらいいなと思います!

 

今回はサンデーサイレンス系を取り上げていきたいと思います!

 

 

どんな血統なの?

サンデーサイレンス系は日本競馬における主流血統となっています。

 

その理由はなぜか?

 

答えは簡単です、日本の競馬場に適した血統だったからです。

 

日本ダービージャパンカップが行われる東京競馬場の特徴を考えてみてください。

 

・芝は人工芝で時計が出やすい(=高速馬場になりやすい)

直線が長い(525.9m)

・坂は200mほどをかけて2.1mを上り、上ってからゴールまで300mある

 

これらの特徴とサンデーサイレンス系で最も知られているであろうディープインパクトの走り方である

 

芝の中長距離(重賞が多い距離)で脚をためながら最後の直線でスピートを爆発させて差し切る!!

 

というのがバッチリあっていると思いませんか?

 

ディープインパクトリーディングサイヤーを独占しているのは生産者の方々の努力もあると思いますが、日本競馬への適性の高さがあるということ考えられます。

 

このようなことから日本における主流血統へとなったと考えられます。

 

特徴

日本では多くのサンデーサイレンス系は出てきていて、サンデー系と一口に言ってもそれぞれ特徴の異なるものになっています。

それぞれの特徴について紹介していきたいと思います。

Tサンデー系

サンデーサイレンス系の特徴としては最も分かりやすい部類で先ほども取り上げたディープインパクトも所属するグループです。

他にも代表的な馬としてはハーツクライステイゴールドスペシャルウィークなどが属します。

大きな特徴としては芝の1400~2400mで能力を発揮できるということです。これはディープに代表されるように最後の直線で勝負するために長すぎても短すぎても勝てないという部分が大きいと思います。

そのため、競馬場も京都・阪神・東京といったコースを得意としています。

 

Pサンデー系

Tサンデー系と打って変わってこちらは短距離~マイルの距離が得意なグループになっています。

代表的な馬はダイワメジャーフジキセキマツリダゴッホなどがいます。

特徴としては爆発的な末脚というよりも持続力の高さにあると思います。なのでスローペースよりもある程度の速いペースでそのままゴールするような勝ち方が多いようです。

脚を長く使えるということから東京・京都・札幌などのコースを得意としています。

 

Dサンデー系

このグループでは上の二つのグループと異なり、ダートを得意としています。

代表的な馬としてはゴールドアリュールネオユニヴァースが該当します。

特徴としてはダート戦に強いということが大きな違いじゃないかと思います。

基本的にダート戦は非主流派であるサンデーサイレンス系以外の馬の方が強いのですが、Dサンデー系は例外ですのでサンデー系だからといって切るのは危険です。

 

 

読んでみてどうでしたか?

 

サンデーサイレンス系は普段目にしやすい血統であるだけにどこに分類されるかを覚えておくだけで大体の特徴がつかめると思います!

 

みなさんの競馬の予想に役立ていただけたら幸いです!