2019/1/27 シルクロードS予想

京都の芝1200mで行われるシルクロードSの予想をしていきます。

 

このレースもハンデ戦であるので予想が難しい部分があるのですが、頑張りたいと思います!

 

京都は雪が降るかもしれないので、コースがどうなるかも心配ですね。

 

 

白くまの予想

 

◎ ラブカンプ―

 

〇 アンヴァル

 

▲ ナインテイルズ

 

△ ラインスピリット

 

☆ ティーハーフ

 

ラブカンプ―はスプリンターS(G1)で2着と能力を十備えていると思います。

ハンデも54とそんなに重くはないので前走のような走りをしてくれれば勝てるはずです。

問題は調教のコメントで背中が心配といっているのでどれくらいの状態なのかが全く分からないところだと思います。

もしかしたら走っている途中で悪化してしまい、失速してしまう可能性もあります。

 

 

アンヴァルは前走淀短距離Sで2着であったのですが、1着のナインテイルズとアタマ差であったので能力は高いでしょう。

ハンデも淀短距離Sよりも軽くなっていますし、今回はかなり走りやすいのではないでしょうか。

問題としては今年の京都は外差しが利く傾向が強いんですが、コースが変わるので元のイン有利になると好走しにくくなるのではないかという心配があります。

 

 

ナインテイルズは前走の上がり3Fタイムを見ると11.9-11.4-11.2のように推移しているので、距離的にも問題ないと思いますし力もあるのかなという印象です。

ただ、同じくらいの能力と思うアンヴァルに比べてハンデが56と多いのでその分力が出せないのではないかと思います。

 

 

ラインスピリットは前走阪神カップ(G2)の上がり3Fラップを見ると13.7-10.4-12と瞬発力は見せたのですが、距離が長かったのかなといった印象を受けました。

稍という馬場でもあれだけキレをみせれるなら今回も問題ない走りができると思います。

問題はハンデが56.5ということと直線の短い京都で馬郡に揉まれたら差し切れない可能性があることだと思います。

 

ティーハーフは前走淀短距離Sではあがり3Fは最速であったんですが、差し切れず負けてしまいました。

今回も後方からしかけてくると思うんですが、かなり末脚がいいので2・3着に飛び込んで来るのかなと思います。

問題はハンデが57と今回白くまの予想する馬の中で最も重いことや差しが決まりにくい馬場になったら不利であるので勝ちにくいのかなと思います。

 

1200mのマイル戦は普通であれば先行馬が有利ですが差し馬で力のある馬が多かったので今回推していきたいと思います!!