2019東京新聞杯先取り予想

芝1600mで行われる東京新聞杯(G3)の有力馬紹介をしていきたいと思います!

 

水曜日には川崎記念もありますが、地方競馬は全くノウハウと知識が無いので予想記事を書かないのでよろしくお願いします!

 

 

タワーオブロンドン 牡4歳

Raven'sPass 母スノーパイン

全成績 8戦4勝 (4-2-1-1)

前走 キャピタルS(OP)2着

 

NHKマイルの12着以外すべて3着以内と好走を続けている1頭です。

NHKマイルの敗因もスタートの出遅れによるポジション的な不利が最後まで響いたレースであると思うので、そこまで悪いものではなかったと思います。

能力的にも今回トップクラスの馬であることは間違いないでしょう!

問題はやはりスタートとポジション取りでしょう。

これがうまくいかなければ掲示板外も十分あり得ます。

 

インディチャンプ 牡4歳

ステイゴールド 母ウィルパワー

全成績 7戦4勝 (4-1-1-1)

前走 元町S(1600万)1着

 

インディチャンプはアーリントンC(G3)の時に4着でしたが、タワーオブロンドンと0.2秒差と能力は十分持っている馬であると思います。

末脚も良い馬であるので、東京コースでのキレ勝負となれば勝つ可能性はかなり高いと思います。

問題は格上の相手と走ったことがあまりないということでしょうか。

アーリントンCの後は1000万・1600万で1番人気で1着となっているので格上相手のどこまでやれるのか分からないところが大きいと思います。

 

レイエンダ 牡4歳

キングカメハメハ 母ラドラーダ

全成績 5戦3勝 (3-1-0-1)

前走 チャレンジC(G3)6着

 

前走は6着と初めての馬券外となりましたが能力事態に問題はないと思います。

中山・阪神で勝てなかったことからk難が得ると今回東京でのレースはプラス材料でしょう!

問題は初めての1600mで末脚を使い切ることが出来るのかということとこれまで小頭数のレースでやってきただけに対応できるかがカギとなってくると思います。

 

サトノアレス  牡5歳

ディープインパクト 母サトノアマゾネス

全成績 15戦4勝 (4-4-1-6)

前走 阪神カップ(G2)15着

 

この馬の強みは何といっても末脚の良さに尽きると思います。

ディープインパクト産駒らしく末脚勝負ならこの馬も負けていないと思います。

問題はその末脚が使えない場合は勝つことが難しいことになることでしょう。

前が壁になったり、コースを塞がれたりしたらお手上げになるでしょう。

できれば外枠か最内枠で後方から仕掛けれればよいかと思います。

 

ロジクライ 牡6歳

ハーツクライ 母ドリームモーメント

全成績 14戦5勝 (5-2-2-5)

前走 マイルCS(G1)14着

 

前目に行ける馬なので高速馬場になりやすい東京では走りやすいのではないかと思います。

ただ瞬発力で勝負するタイプではないので、中でもまれるようなことになると前が開いていても仕掛けられないということが考えられます。

 

 

今回もG1で重賞戦線で戦ってきた馬たちの勝負ということでとてもレースが楽しみですね!

 

金曜日の枠順決定までわくわくしますね!