競馬初心者白くまの競馬ブログ

競馬初心者の白くまのブログ 予想や競馬に関することを書いていきます

2019きさらぎ賞先取り予想

最近は藤田菜々子騎手の初重賞挑戦であったり、オジュウチョウサンの件であったりと話題が沢山あって競馬は盛り上がってきてますね!

 

京都で行われる芝1800mのきさらぎ賞の有力馬紹介をしていきたいと思います!

 

ヴァンドギャルド 牡3歳

ディープインパクト 母スキア

全成績 3戦1勝 (1-0-1-1)

前走 ホープフルS(G1) 6着

 

前走のホープフルSでは6着と期待を裏切る形となってしまいましたが、上がりのタイム自体は勝ったサートゥルナーリアと0.1秒差であるように能力は申し分ないと思います。

前走の敗因は直線で後方から仕掛けた際に先行している馬たちが壁になって思うように差せなかったことにあると思います。なので、今回のメンバーの中では最も末脚がの使える馬として1番人気想定にしています!

負ける場合は前回同様前が詰まってしまって抜けられないことが考えられると思います。

 

ダノンチェイサー 牡3歳

ディープインパクト 母サミタ―

全成績 4戦2勝 (2-1-0-1)

前走 こうやまき賞(500万) 1着

 

今回は京都に初出走ということですが、ディープインパクト産駒らしく切れ味するどい末脚が持ち味の馬です。

集団からの仕掛けでこれまで勝っていることからも今回の京都コースは緩急がありますが、問題ないと思います。

問題は好位置をキープしなければいけないことで最後に使える脚がなくなってしまうのではないかということとこれまで経験してきたレースのレベルがそれほど高くないので格上相手にどこまでやれるのかということです。

 

アガラス 牡3歳

ブラックタイド 母ロッシェノワール

全成績 3戦1勝 (1-2-0-0)

前走 東スポ2歳S(G3) 2着

 

前走はハナ差で惜しくも2着になりましたが、力的には勝ったニシノデイジーと同じかもしくはそれ以上だと思います。

レースを見てもらえれば分かるのですが、道中加速したときなどに前がふさがれてる場面がありましたのでそれがなければもっと走れていたのではないかと思います。

問題はゲートがそれほど速くない馬なので前走よりも先行勢にふさがれると持ち味を生かせないままゴールしてしまうのではないかということです。

 

エングレーバー 牡3歳

オルフェーヴル 母マルティンスターク

全成績 2戦2勝

前走 3歳500万 1着

 

デビュー3戦目ということでかなり未知数な部分が大きいですが、エングレーバーは期待が持てる1頭であると思います。

オルフェーヴル産駒は比較的新しい血統ではありますが、中距離での成績を残しており今後期待の持てる血統であるといえます。

エングレーバーも新馬戦で出遅れましたが直線で抜いて1着というような能力の高さがうかがえる1頭といえるでしょう。

問題は父のオルフェーヴルもそうであったようにオルフェーヴル産駒特有の気性の荒さがレースにマイナスとして作用した場合はあっさり凡走する可能性があるということだと思います。

 

クラシックの登竜門と呼ばれるこのレースでどのような走りを見せてくれるのか今から楽しみです!

 

今週は穴熊予想も復活しますので、ぜひ読んで下さい!