2019阪神大賞典有力馬紹介

3/17(日)に阪神競馬場で行われるG2の阪神大賞典の有力馬紹介をしていきたいと思います!

 

今回のレースは天皇賞・春のステップアップレースのようでステイヤーが多く出走する予定ですね。

 

同レースはゴールドシップが3連覇、白くまの大好きなサトノダイヤモンドも勝利しているレースになります。

去年の勝ち馬であるレインボーラインはそのまま天皇賞・春でも勝ちました。🐻

 

それでは今回の有力馬紹介です!

 

 

 

シャケトラ

マンハッタンカフェ 母サマーハ

前走のAJCC(G2)は約1年ぶりとなる長期休養明けのレースでしたが7番人気で1着と復活勝利を見せました。これまで3000mのレースは経験がないので今回のレースで持つのかどうかが予想するうえでポイントになってきそうですね。

 

リッジマン

父スウェプトオーヴァ 母アドマイヤモンロー

長距離が大得意のいわゆるステイヤーですね。3000m以上のレースでは万葉S(OP)2着、ダイヤモンドS(G3)2着、ステイヤーズS(G2)1着と好走しています。

スタミナ十分、実績もあるので今回3着以内にくる確率は高そうですね。

 

アドマイヤエイカン

ハーツクライ 母ペルヴィアンリリー

前走の万葉Sでは7着でしたが、ステイヤーズSでは2着と長距離でも問題ありません。

先行力があるので長距離では展開に左右されず安定して走れるのが魅力です。

天皇賞・春のステップアップレースではありますが、今回はこのレースを勝ちに来るためしっかり仕上げてくると思います。

 

ヴォ―ジュ

ナカヤマフェスタ 母ギュイエンヌ

前走の万葉Sでは前に立つとそのまま逃げ切り勝ちと初めての3000m戦ではありましたがあっさり勝ちました。

今回は前回よりもマークが厳しくなるでしょうし、前を取りたい馬はこの馬だけではないので先に前をとれるかが大事になってくると思います。

 

コルコバード

ステイゴールド 母エンシャントヒル

今回ラストランとなる唯一の牝馬になります。

今回3000m戦・阪神コース共に初めてということで不安な部分もありますが、休み明けで2戦目ですし前走よりは仕上がってると思います。

丹頂S(OP)ではリッジマンに負けて2着でしたが、4コーナーから伸びてきているのを見るともしかしたら3000mでも戦えるのかなという印象を受けました。

有終の美を飾れるのか注目したいですね!