【新馬戦】次のダービー馬は君だ!!!part2

こんにちは~白くまです。🐻

 

次のダービー馬候補となる馬を探す次ダビ!!!記事のpart2になります。

 

今週も楽しみな新馬が多く出走してくれましたので、今回も白くまの独断と偏見でピックアップ&紹介していきたいと思います!

 

 

ファートゥア

牝 エピファイア(ロベルト系) アロマティコ(ミスプロ)

https://db.netkeiba.com/horse/2017105201/

一番人気に推されながらも3着となってしまい、二頭ならんでスパートを掛けながらもインザムービーも差したグランチェイサーとは明暗が分かれる形になった。...ように見えましたがファートゥアのみに注目してレースを改めてみるとこの評価は全く違うものになりました。

まずスタートで大きく出遅れ、道中もかかりながら走りルメール騎手が頭をあげようとするファートゥアを必死に抑え込んでいました。あれだけ道中に力を入れてしまってはいかに上手なルメール騎手でも最後にスパートをかけるなどの余裕はなかったのではないでしょうか。

グランチェイサーと比べると伸びが足りなく、直線での加速が少なくいわゆる使える脚が短いような印象を持ってしまうかもしれませんが道中あれだけ無茶苦茶な走りをして消耗しているのにあれだけ走れたのは能力があることの証明といってもいいと思います。

レースを重ねる中で馬が成長してくれれば素質があるだけに大化けするのではないでしょうか。

 

トリプルエース

牡 Shamardal(ストームバード系) Triple Pirouette(サンデーサイレンス)

https://db.netkeiba.com/horse/2017110033/

かなり賢そうな顔つきをしていて目も大きく白くま好みの1頭です。

レースを見るに折り合いが新馬の中では抜群によく賢さが上手く出ているのではないかと思います。(和田騎手を乗せるのをしばらく拒否する仕草を最初に見せていたようですが...笑)

前の逃げる馬をじわじわ伸びて捕らえ、抜き去ったところは評価したいです。今回はかなり時計のかかるレースであったので、次走どれだけ速い時計にも対応できるか見せてほしいですね。

 

レジェ―ロ

牝 キズナ(サンデーサイレンス) ロックフェアレディ(ダンジグ系)

https://db.netkeiba.com/horse/2017101765/

土曜日の新馬戦で予想以上の走りを見せてくれた1頭はどれかと聞かれたら迷わずこの馬であったと答えると思います。

牝馬であり馬体重386㎏とかなり細めの体形であったのでレース前は走った後にケガなどしてしまわないか心配であったのですが、レースが始まったらその心配は吹っ飛びました。

好スタートからのそのまま逃げ切りを図る形で前を走れていたのはかなり良く、最後抜かれるときには抜き返そうとしたように勝負根性もあるので体がもう少しできてさらに力をつけていけばもっと良い走りができると期待しています。

 

ワーケア

牡 ハーツクライ(サンデーサイレンス) チェリーコレクト(ダンジグ系)

https://db.netkeiba.com/horse/2017105422/

セレクトセールで1億2000万超えの値がついた高額馬。

体付きを見てもそこまで仕上がっている印象を受けないが、それでも上がり33.2秒もだしてしまうから驚きっぱなし。

顔や体つきを見るとかなり幼い印象を受けますが勝ちきってしまうのだから素晴らしい素質であるのは間違いないでしょう。

しかもレース映像を見るに直線を向いてからの反応が良く、この馬も折り合いがつく馬。直線でフラフラ、きょろきょろしながら走っても2着に2馬身差も付けれるのならこれから成長したらどれだけ走れるのか楽しみです。

 

ルーチェデラヴィタ

牝 キズナ(サンデーサイレンス) トウカイライフ(パーソロン系)

https://db.netkeiba.com/horse/2017100796/

キズナ、父父ディープインパクト、父父父サンデーサイレンス、母父トウカイテイオー、母母父シンボリルドルフとダービー馬オンパレードのゲームで作ったの?と勘違いしてしまうくらい競馬ファンにはたまらないロマンあふれる血統になっています。

スタートでしてから前に出ず、脚をためながら道中ガマンして小柄な体を目一杯伸ばして内の開いたところから抜け出すという文句のつけようのないレース運び。

レース見たときホントに新馬?って思うくらいの納得のパフォーマンスでした。

次走でも問題なく勝ち上がるのではないかと思います。

 

 

 

 今回はこの5頭を紹介しました~。

いかがだったでしょうか?

キズナ産駒のレジェ―ロとルーチェデラヴィタの二頭が分かりやすく好走してくれたのでキズナ種牡馬としての評価は上がりそうですね!

小柄な馬が多いようですが、小柄なことを活かした仕上がりの速さや気性の良さが好走に結びついているのではないでしょうか。

 

今週の次ダビはここまでです!

それではまた~