【新馬戦】次のダービー馬は君だ!!!part3

こんにちは~白くまです。🐻

 

今回も次のダービー馬を探す次ダビ!!!の記事をやっていきたいと思います。

 

今週は白くまがPOGで指名した馬がレースの出たり、色々見どころのある馬が出馬したりと面白い新馬戦となりました。

今回も白くまの独断と偏見でピックアップした馬を紹介していきたいと思います!

 

記事がいいね!と思ったらクリックでの応援お願いします!

 


競馬ランキング

 

 

 

 

 ヴィンカマヨール

牡 父ゴールドアリュール(サンデーサイレンス)母カラヴィンカ(ボールドルーラー)

 

f:id:shirokuma_keiba:20190627084816p:plain



今回のレースでは大外から伸びてきて1着。馬場はかなり悪いものの全く苦にしない走りで衝撃をうけました!

体つきとしてはまだまだ細めに感じ、成長する要素がまだあるのだろうといった印象を受けた。それにも関わらず大外からのゴボウ抜きをしたことからも才能があることは明らかでしょう。

パドックからテンションが高めであったのでレースを経ていくなかである程度落ちつきが出てきたら前集団でもレースが展開できるのでは?と思いました。ダートの不良馬場で外から差しをできるくらいであるので芝でも好走できるのではないかと思います。

今後心身共に成長したらもっと良い走りを見せてくれるのではないかとワクワクする1頭です!

 

 

ジェネティクス

牡 父サウスヴィグラス(ミスプロ)母ソラコマチ(プリンスリーギフト)

 

f:id:shirokuma_keiba:20190627084828p:plain



好スタートで前に出たままレースを進め、そのまま押し切り結局ノーステッキで2着の馬に2馬身半差をつけて勝利とかなり強い走りを見せてくれました。父サウスヴィグラスと母父サクラバクシンオーダート巧者×短距離タイプの血統の通りの走りをしてくれたと思います。

馬体的には他の新馬と一線を画し、幼稚園児の中に一人だけボディビルダーが混じっている(?)ような印象でした。(笑)

かなり筋肉量が多いので根幹距離は少し厳しいが、走法としてトビが大きいタイプであるので試してみてもいいかもしれません。同様に次走が芝かダートかによって今後の路線がはっきりしてきそうですね。

 

ブルーパピヨン

牝 父マツリダゴッホ(サンデーサイレンス)母ブルーピアス(ミスプロ)

 

f:id:shirokuma_keiba:20190627084839p:plain



好スタートを決めて前方集団につけてレースを進め、直線を向いてから伸びて外から差してこようとする馬にも負けずノーステッキでゴール。

走りとしては同じく父がマツリダゴッホであるロードクエストのようなタイプとなるのではないかと感じました。

前向きに真面目に走ってくれる馬である印象を受けたので、今回のように展開と位置取りさえよければどんどん勝ってくれるのではないでしょうか。(展開が向かないと勝てないとも言えますが…)

 

トライフォーリアル

牡 父リアルインパクト(サンデーサイレンス)母エンプレスティアラ(ヴァイスリージェント)

 

f:id:shirokuma_keiba:20190627084851p:plain



外から回してきたのにも関わらずよく伸びてきていたと思います。トビの大きい走りではありますが、母父クロフネの血統であればダートもこなせそうな感じがしました。

この馬はスピードもありますが今後上のクラスで戦うには少し足りない部分があるのではないかと思うので、リアルインパクトのように高い持久力と前向きに走れる気性を武器に頑張ってほしいです!

 

エールヴィオ

牝 父タートルボウル(ノーザンダンサー系)母クインリーグレイス(サンデーサイレンス)

 

f:id:shirokuma_keiba:20190627084902p:plain

中団から外を回って差し切り勝ち。

今回はかなり展開の助けがあったと思います。前で走っている馬がペースを作って引っ張ってくれて、道中溜めていた脚を直線で使い前を交わしていました。

しかし、この馬の走りをみるにかなり良い馬で在ることは確かです。

展開の助けはあったものの、直線を向いてからのギアが入るまで速かったので反応の良さが今回生きたと思います。

距離的にはマイル~1800mくらいまでこなせるのではないでしょうか。

 

 

サクセッション

牡 父キングカメハメハ(ミスプロ)母アディクティド(マンノウォー)

 

f:id:shirokuma_keiba:20190627084916p:plain

全兄にクルーガーがいますが、この馬は芦毛なのでどちらかというと母系の影響を大きく受けたのではないかと思います。

マンノウォー系はアメリカの血統でアメリカクラシック三冠馬であるウォーアドミラルなどを出している血統になります。

今回スタート、道中の折り合いもよく(馬場の影響もあると思いますが)ギアの入りは遅かったですがラスト1F辺りで手前を替えながらも前を交わすという新馬とは思えない走りをみせてくれました。

新馬戦にしてはかなり高度な要求を福永騎手からされているのにも関わらずそれをやってのけたサクセッションはそうとう頭の良い馬なのでしょう。

白くま的に今後も注目していきたい1頭です。

 

オータムレッド

牝 父ワールドエース(サンデーサイレンス)母ティッカーコード(ストームバード系)

 

f:id:shirokuma_keiba:20190627084926p:plain

好位で展開しながら最後は外から一気に差し切り勝ち。

外からの加速が相当速かった上に最後まで落ちていなかったので1600mくらいまで距離は伸ばしても十分走れるのではないかと思います。

展開的には騎手であるレーン騎手の上手さも目立ちましたが、体がまだまだ小さく出来上がっていない状態でこれだけ走れるのは素晴らしいと思います。

反応、加速、前の馬を追って交わせるところにこの馬のよさが出ていたと感じました。

次走どの距離で走るのかは注目したいです。

 

 

 

 

 

番外編

白くまのPOG指名馬

・クールインパクト→9着…(泣)

怪我無く走れたのは良かったので次走期待!!!