【競馬】ディープインパクト産駒種牡馬まとめ。後継種牡馬はどの馬になる?

こんにちは~白くまです。🐻

 

今回の記事ではディープインパクト産駒で種牡馬入りしている馬の特徴などをまとめていきたいと思います!

 

今年2019年に入って父父にディープインパクトが入る馬のデビュー戦が多く、ディープインパクト自体の仔も走っていますがディープインパクトの後継種牡馬争いが激化してきていると感じましたので、今回まとめてみました。

 

 

 

 

 白くまの記事が面白かった!タメになった!という方はクリックで応援お願いします!↓


競馬ランキング

 

 

 

 

 

 

ディープインパクトの特徴

 

毛色:鹿毛

白斑:額に星

脚質:瞬発力で直線勝負

馬場:道悪が苦手

成長時期:早熟

 

 

ディープインパクト産駒を理解する上でまずディープインパクト自体の特徴を大まかにまとめました。(かなりざっくりですが...)

 

これらの特徴を踏まえて、

 

ディープインパクトの特徴に近い馬

Tディープ系

 

ディープインパクトの特徴と真逆

Nディープ系

 

と考えて分類していきたいと思います。

 

 

Tディープ系

キズナ

 

f:id:shirokuma_keiba:20190704163639p:plain

 

スピルバーグ

 

f:id:shirokuma_keiba:20190704163754p:plain

ワールドエース

 

f:id:shirokuma_keiba:20190704163809p:plain

※グラフの分布は白くま独自の基準ですので参考にする程度で見ていただけると嬉しいです

 

Tディープ系の大きな特徴はディープインパクトの特徴をそのまま受け継いでいることです。

なので特徴をまとめた五角形のグラフも大体似た左寄りものになっています。

  

Tディープ系であれば現在ディープインパクト産駒が好走している東京コースなどの直線の長い瞬発力勝負となる馬場への適性はかなり高いと思います。

 

また道悪は苦手なので馬場状態は常に考えて予想に加えたほうがよいでしょう。

 

ディープインパクト産駒は体が出来上がる前から走ることに前向きな馬が多いので、早熟であるような印象が強いですが、高速馬場化も進んでいますのでケガの可能性も大きいため注意が必要ですね。

 

 

Nディープ系

リアルインパクト

 

f:id:shirokuma_keiba:20190704172551p:plain

 

ディープブリランテ

 

f:id:shirokuma_keiba:20190704164106p:plain

トーセンホマレボシ

 

f:id:shirokuma_keiba:20190704164133p:plain

ダノンバラード

 

f:id:shirokuma_keiba:20190704164147p:plain

トーセンラー

f:id:shirokuma_keiba:20190704163709p:plain

 

Tディープ系とは逆にディープインパクトの要素をあまり受け継いでいないタイプであるNディープ系はパワーやスタミナなどに秀でた馬が多いですね。

 

恐らくディープインパクトというよりは母系の特徴が色濃く出ている場合が多いようで、毛色や顔や馬体もディープインパクトに似ているという馬はTディープ系に比べるといませんでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

トーセンラースピルバーグの比較

 

実はトーセンラースピルバーグは同じ母、同じ父からなる馬ですが、Nディープ系とTディープ系に分かれてしまっています。

 

なぜそうなったのか比較していきたいと思います。

 

トーセンラー

f:id:shirokuma_keiba:20190704163709p:plain

スピルバーグ

f:id:shirokuma_keiba:20190704163754p:plain

 

 

〇毛色〇

トーセンラー黒鹿毛

スピルバーグ鹿毛

 

 

〇顔〇

トーセンラー白斑(顔の模様)がない

スピルバーグディープインパクトの様な模様がある

 

馬の身体的な特徴の例として毛色と顔を出しましたが、スピルバーグの方がディープインパクトの特徴を受け継いでいると思います。

 

その代わりトーセンラーの方は距離に対して柔軟に対応できるというところを母系から受け継いだのではないでしょうか。

 

このように同じ血統を継いでいたとしても同じ能力が発現するとは限らないので、顔や毛色などから考えてもよいかもしれません。

 

 

 

 

 

 ディープインパクトの後継種牡馬は?

私の個人的な意見とはなりますが、Tディープ系とNディープ系から1頭ずつ出していきたいと思います。

 

 

Tディープ系

キズナ

 

2019/6/30までに13頭出走し、3頭が勝利しています。

成績は(3-2-2-9)と好成績を残しています。

 

キズナ産駒はキズナ譲りの大きな体をしている馬が多いのと瞬発力を持ち味にしていますね。

 

今のところTディープ系ではキズナが一番ではないでしょうか。

 

勝ち上がりの少なさは気になりますが、まだまだ血統やトレー二ングの部分で模索中のところも大きいのでこれから活躍してくれると思います!

 

Nディープ系

リアルインパクト

 

2019/6/30までに12頭出走し、3勝しています。

成績は(3-3-4-4)とキズナ産駒に負けず劣らずの好成績を残しています。

 

成績の通りNディープ系ではリアルインパクト産駒が現在最有力となっています。

リアルインパクト産駒にはマイル系の部分を受け継いで加速能力に優れた馬が多く好走を続けています。

 

かなりタフなレースでも走れるので、梅雨の時期や馬場の荒れる最終週などは特に狙ってもよいかもしれませんね。

 

 あとがき

 

ディープインパクトの後継種牡馬についての記事になりましたが、Tディープ系・Nディープ系ともに最大の壁は父ディープインパクト産駒となると思いますので、これからどのように活躍してくれるのか楽しみです!

 

個人的にはリアルインパクト産駒に注目していきたいと思います!

 

 

 それではまた~🐻