【競馬】2019プロキオンS,七夕賞予想

こんにちは~白くまです。🐻

 

今回は中京競馬場で行われるプロキオンS福島競馬場で行われる七夕賞の予想2本立てで行きたいと思います!!!

 

 

 白くまの記事が面白かった!タメになった!という方はクリックで応援お願いします!↓ ↓ ↓


競馬ランキング

 

 

 

プロキオンSのフェイストレンド

〇過去10年〇

f:id:shirokuma_keiba:20190705181730p:plain

〇今年の出走馬〇

f:id:shirokuma_keiba:20190705181717p:plain

 

 

まず過去10年分のデータですが、ケイアイガーベラランザローテが勝った時は阪神競馬場シルクフォーチュンが勝った時は京都競馬場で行われたためデータは参考とまでにしました。

 

過去10年から傾向をつかもうと思いましたが、見事にバラバラで傾向がないという傾向が出ました!!!(笑)

 

傾向がないということは勝つ馬に偏りがないともいえるので、恐らくは馬場やコースに対する適性が重要となると思います。

 

ちなみに一番重いハンデで勝ったのは2015年のベストウォーリアの59㎏。

一番人気薄で勝ったのは2012年のトシキャンディの12番人気単勝119.2倍でした。

 

〇中京ダート1400m〇

スタートしてからダートに入るまでの約200mは芝を走るため序盤はペースが速くなりやすいコースです。

 

3コーナー手前の向こう正面から4コーナーを抜けるまでは600m程下り坂で、最後の長剣は上り坂になります。

 

そのため、前傾ラップとなりやすいのですが差しが届かないケースが多く、後方から差すためには上がり3Fのタイムが35秒以下であることが望ましいです。

 

 

 〇白くまの予想〇

 

◉キングズガード

サンライズノヴァ

▲ドンフォルティス

 

 〇キングズガード〇

 

先行できる馬であるが、今回先行していく馬が多いのでどちらかといえば中団後方からレースを展開していくはず。

 

35秒台の上がりを使えるので後方からも十分差すことが出来る。

今回はハンデ56㎏と近走の中では軽めのものになるのでより末脚が生きる。

 

サンライズノヴァ〇

 

近走不振で成績は良くないが、今回得意の左回り1400mであるので好走を期待。

不器用な馬であるので後方からキングズガードとともに伸びてきてくれるのが理想。

 

〇ドンフォルティス

 

距離に融通の利く馬で1400m~1800mで勝ち星を挙げている。

総合力が高く、パワーとスピードに秀でているので今回は先行しながら粘って3着以内を想定。

 

 

 

 

 

七夕賞のフェイストレンド

過去10年

f:id:shirokuma_keiba:20190705194131p:plain

〇今年の出走馬〇
 

f:id:shirokuma_keiba:20190705194115p:plain

 

プロキオンSとはうって変わってこちらはフェイストレンドが出てくれました…。良かった…。

 

七夕賞の過去の傾向としては、

 

メンコを付けている馬 ⇨ 差しタイプが良い

 

メンコを付けてない馬 ⇨ 基本的には勝ち馬

 

となりました。

 

なので狙うとすればメンコのつけていない馬から選ぶのが良い!!!ということになりました。

 

〇福島芝2000m〇

最初の直線が500~600m位あり、下りから始まるため先行していく馬はスピードを出しやすい。

そのため道中は馬群が縦長となりやすく、道中の距離のロスは出にくくなっています。

 

3コーナーに入る前から4コーナー途中まで平坦な道が続くので、ここで再びペースがあがってなおかつ4コーナーの下りでさらに加速し、最後の直線での追い比べとなりやすくなっている。

 

ロスなく走って最後の直線で勝負できる馬が望ましいので、小回りの利く福島・小倉・京都の2000mで好走した経験があれば特に良いです。

 

〇白くまの予想〇

 

◉ブラックスピネル

ロシュフォール

▲ミッキースワロー

 

〇ブラックスピネル〇

 

小回りコース◎、距離は2000mがベスト。

先行しながらも粘るのが持ち味で馬場が悪くてもモノともしないパワーが素晴らしい。

今回のような消耗戦であればハンデが重くても得意条件であるこの馬でいきたい。

 

ロシュフォール

 

ハンデ55㎏とそこまで重くなく、末脚勝負に出やすい。

上りは毎走よいので恐らく重馬場はそこまで得意とはしないと思うが追い込んできて3着以内を想定。

 

〇ミッキースワロー〇

 

近走結果が出ていないが調子というよりも適性面での負けといった印象。

今回出走のメンバーを見ても自力で考えればこの馬が上。

末脚勝負の一手に賭けて上手くかみ合えば勝てる。