【新馬戦】次のダービー馬は君だ!!!part6

こんにちは~白くまです。🐻

 

今回も次のダービー馬となるであろう将来有望な馬を白くまの独断と偏見で紹介していく次ダビ!!!をやっていきます!

 

  白くまの記事が面白かった!タメになった!という方はクリックで応援お願いします!↓ ↓ ↓

 


競馬ランキング

 

 

 

フジマサリアル

7/6福島5R 1番人気1着

 

スタートは普通にゲートから出たが、積極的に前に出ようとしていたところは父であるリアルインパクトの強い闘争心を受け継いだように見えた。

 

レースは3番手で前を追走していく形となり、3コーナー辺りから全体としてペースが上がる形となったが 4コーナーでロングスパートをかけて見事に勝ち切った。

 

長く脚を使えるのが特徴であるが、直線でやや内にもたれていくのが少し気になった。

 

今後レースを重ねていくうちに修正していけるとは思うが、このタイプはまっすぐ走れた方がよいのは明らかなので出来るだけ早めに克服してほしい。

 

 

シャレード

7/6中京5R 1番人気1着

 

スタートは問題なく出たが控えて後方からレースを展開していく形になった。

 

直線に入ると外に出して末脚で勝負し、結果としては3馬身差の圧勝。

 

今回のレースでは遊びながら走っているところが見受けられたが、最後の直線で能力の高さを見せてくれた。

 

今後は肉体的な成長と共にレースに集中できるようになると重賞クラスでも好走できるはず。

 

 

ファシネートゼット

7/6中京6R 2番人気1着

 

スタートを上手く出れたことが最後の直線での伸びにつながった。

 

1番人気であったホットミストをマークし、先に出たホットミストを最後の1Fでの加速で差し切った。

 

今回は鞍上の松若騎手の騎乗も上手くマッチしたことでベストパフォーマンスを出せた。

 

末脚はまだまだ伸びる余地があったのでラスト2Fくらいから加速するのがベスト。

 

 

ホットミスト

7/6中京6R 1番人気2着

 

今回のレースは2着となってしまったが、敗因は実力不足というよりも適性や調子の面であったのでこの馬のポテンシャルは相当高い。

 

レースを見る限りでは中京よりも阪神・東京の方が向いている。

 

今回の敗戦はこの時期に多くレース経験を積んでおくと考えればプラス材料なので次走は好走に期待したい。

 

ファシネートゼットと共に今後この世代のダート戦線を引っ張っていく存在になってほしい。

 

 

アメージングサン

7/6函館5R 1番人気2着

 

馬体を見る限りはかなり筋肉がしっかりとついていて、仕上がってきている印象を受けた。

 

レースでは最後の直線で素晴らしい末脚を見せてくれたが惜しくも届かずクビ差で2着。

 

追走していくときもだが。馬自身が追っていくところがなかったので最後のスパートの際に仕掛けが遅れてしまったのが痛かった。

 

能力が高いことは分かったのであとは馬がレースに前向きに取り組んでくれればもっと活躍できる。

 

 

 

ウルトラマリン

7/6函館6R 1番人気3着

 

スタートでの出遅れが最後まで響いた形となり、結果3着となってしまった。

 

内容自体はかなりよかっただけに出遅れが悔やまれる。

 

馬体もかなり筋肉がついていて、短距離向きであるだけにスタートを改善してほしい。

 

今回のレースはかなり短距離レースらしいスピードの持続力が問われるものであったのでこのレースでよく走ったこの馬を含めた何頭かは1000mがベストの距離となるだろう。

 

ゴールデンレシオ

7/7福島5R 1番人気3着

 

パドックでも場内に入ってからもかなり落ち着いていたので恐らく賢い馬だろう。

 

レースとしてはスタートでの失敗が大きかった。

 

タイプとしては後方から一気に追い込んでくるタイプではなく、ジリジリ脚を使うタイプなので先行できないと厳しい展開となってしまう。

 

とりわけ今回のレースは出遅れ・馬群に囲まれる・荒れた内側を走るという不利な条件の中走ったのでそこまで悲観するな様ではなく、むしろよく走ったと思う。

 

重賞クラスになると苦しいが、中距離レースであれば安定して力を発揮できるはず。

 

 

マイラプソディ

7/7中京5R 1番人気1着

 

スタートはあまり上手ではなかったが、最後の直線で外を回されながらもゴール前で差し切った。

 

追ってからの反応・末脚の伸びがかなりよく、レースの流れとしては完全に2着のルリアンに傾いていたが力で1着をもぎ取った。

 

馬体的にもまだ緩さがあるように見えるのでまだ成長の余地を残しているし、ハーツクライ産駒なので晩成型かもしれない。

 

今後は成長込みで重賞クラスでの好走を期待したい。

 

 

オーソリティ

7/7函館5R 1番人気1着

 

祖母にシーザリオ、兄弟にエピファネイア・サートゥルナーリアがいる良血馬。

 

オルフェーヴル産駒であるが、いい意味でオルフェーヴルらしさが消えていてとてもおとなしい。

 

そのため、フットワークの軽さもあり操縦性がかなり良いので父のようにポジション取りに苦労することはないだろう。

 

大きく後方を突き放したわけではないが、直線に入ってからの加速もよく馬体が発展途上であることも考えると今後のレースも楽しみな1頭。

 

個人的にはダート戦も見て見たい。