【競馬】2019中京記念&函館2歳ステークス予想

こんにちは~白くまです。🐻

 

今回は函館競馬場中京競馬場で行われる函館2歳ステークス中京記念の予想をしていきたいと思います!!!

 

今回も⚾ホームラン理論⚾を使って予想していきたいと思いますのでよろしくお願いします!

 

 白くまの記事が面白かった!タメになった!という方はクリックで応援お願いします!↓ ↓ ↓

 


競馬ランキング

 

 

 

 〇中京記念

 

コース概要

 

中京芝1600m

 

引き込み線からの珍しいスタートということもあり、スタートしてからすぐにコーナーに入るためゲートの出がそのままポジションに直結する。

 

向こう正面までは緩やかな上り坂が続き、登り切ったあとは下り坂で直線まで走っていく。

 

最後の直線は高低差2mの坂であると共に、412mの長めの直線でもあるため前後半のラップ差は小さい。

 

基本的には逃げ・先行馬が有利のコースではあるが近年の中京記念ではレース上がり最速の馬が過去10年で6頭勝っているので上がりの使える馬を狙いたい。

 

〇ホームラン理論〇

 

f:id:shirokuma_keiba:20190719182435p:plain

 

今回は前回よりも基準を厳しめにして各1頭ずつ出るように変更しました。

 

今回最も期待しているのはレインボーフラッグです!!!

 

 

ホームラン馬の解説

 

今回6歳となるいわゆる古馬に分類される馬ではあるが、初のOPクラスの出走となる。

 

6歳でありながら年々力を付けていて、今まさに充実期といえる。

 

道悪をこなせるパワーを持ちながらも、出走したレースでの上がり3Fは毎回好タイムを記録している。

 

そのため今回直線の長い中京1600mとの相性◎、ハンデも54㎏と重くなく今回はその末脚を十分発揮できる条件がそろっている。

 

 

 

 

函館2歳ステークス

 

コース概要

 

函館芝1200m

 

向こう正面のポケットからのスタートで3コーナーまでは直線489mと長めなのでし烈な先頭争いが繰り広げられる。

 

3コーナーを回るとゴールまでの下り坂となるためスピードが出やすい。

 

最後の直線は262mと短いため差し・追い込み馬といえどある程度先行していかないと直線で伸びれずに終わってしまう。

 

そのため今回は逃げ・先行馬を中心に狙っていきたい。

 

〇ホームラン理論〇

f:id:shirokuma_keiba:20190719183612p:plain

 

今回のホームラン馬はビアンフェとなりました!!!

 

ホームラン馬解説

 

2レースをこなしたことでレース中でも落ち着きが出てきたことに加えて、馬体もすっきりしてきてフットワークが軽快になっていて動きも良化している。

 

キズナと母ルシュルクのスピードを受け継いでいて、ゲートさえこなせれば逃げることも追うことも可能。

 

今回鞍上が今夏函館で12勝を挙げている絶好調の藤岡佑騎手ということもこの馬にとって大きなプラス。

 

 

 

 

 今回の白くまの予想は以上になります!

 

平場などはツイッターなどで随時つぶやいていくかもしれませんので是非フォローお願いします!

 

最近はイラストにはまっているのである程度たまったらブログの方にまとめて記事にするかもしれないのでそちらもチェックお願いします。🐻

 

初の2歳重賞どの馬がタイトルをとるのか気になりますね...

 

それではまた~🐻