【新馬戦】次のダービー馬は君だ!!!part9

こんにちは~白くまです。🐻

 

今回も次のダービー馬となるであろう将来有望な馬を白くまの独断と偏見で紹介していく次ダビ!!!をやっていきます!

 

  白くまの記事が面白かった!タメになった!という方はクリックで応援お願いします!↓ ↓ ↓

 


競馬ランキング

 

 

 

 

 

7/27のレース

 

スマイルカナ

新潟5R 2人気1着

 

ゲートの出は普通だが、出てからの加速が良く先頭に出れた。

 

4コーナーまでに大きく後続を離すとそのまま直線でも逃げ切る。

 

スマイルカナが早めに先頭にたてたことでレースのぺースをコントロールすることが出来たのでラスト2F棒過ぎからゲームアルアル、ロードベイリーフが追い込んできたが間に合わなかった。

 

今回のように逃げる、若しくは先行していくことがこの馬の勝ちパターンとなるだろう。

 

ラインオブダンス

新潟5R 5着

 

スマイルカナがペースを支配したレースでこの馬は後方からのスタートとなってしまったために先行集団に入れず、終始後方からの競馬となった。

 

4コーナーを回った時も後方からになってしまったために大きく外を回されてしまい大きく距離をロスしてしまうことになった。

 

しかし上がり3Fで32.5秒を記録したように追い込みの部分でよい走りを見せてくれた。

 

この調子であればもう少しコーナーの角度が緩い、または直線の長いコースで勝ちあがることが出来るはず。

 

 

カイルアコナ

小倉6R 1人気1着

 

小頭数レースで後方からの差し勝負になるかと思っていたが、カイルアコナはローランダーとの争いに勝ち、先頭に立つとそのままゴールした。

 

今回はカイルアコナの圧勝といってもよいが、小頭数で自分のペースで走れたこと、レースのレベルがそれほど高くなかったようにも見えたのでそこまで今回の勝ちを絶対視しない方がいいだろう。

 

しかし今回の出走している中では能力が高いことが分かったので上級条件でどこまで走れるのかが基準になる。

 

 

 

 

7/28のレース

 

レザネフォール

札幌5R 1人気1着

 

スタートはあまりよくなく、中団~後方からレースを展開。

 

4コーナーを回って直線に入るまでに外を回らせられつつ自分でポジションを上げていき、先頭につける。

 

自らポジションを上げることをしながらも直線でもそのまま先頭を保ち1着。

 

今回のようにあまり勝てる要素が短いような展開であったにも関わらず、自分で前にでて勝ち切るのはこの馬にとってはとても良い経験になったはず。

 

また、このようなレースでも対応できる部分を見せてくれたことで今後馬群に囲まれるなどの圧倒的な不利がない限り基本的には一生懸命走ってくれる馬であると分かった。

 

 

今回は先週のレースレベルが高いものが多かったせいか、今回はかなり厳選して4頭に絞って書きました。

 

来週でpart10になるのでそろそろまとめの記事でクラス分けのようなものを出したいと思います!

 

それではまた~🐻