【競馬】2019神戸新聞杯&オールカマー予想

こんにちは~白くまです。🐻

 

今回は阪神競馬場中山競馬場で行われる神戸新聞杯オールカマーの予想をしていきたいと思います!

 

神戸新聞杯はサートゥルナーリア、オールカマーはウインブライトの扱い方がポイントと考えています。

 

  白くまの記事が面白かった!タメになった!という方はクリックで応援お願いします!↓ ↓ ↓

 


競馬ランキング

 

〈広告スペース〉

 

‘‘投資”競馬専門サイト 「GLORIA」

 

まずは登録して無料で予想を受け取ってみよう!!!

↓↓↓気になった方はバナーをクリック!!!↓↓↓

f:id:shirokuma_keiba:20190913165109g:plain

 

 

神戸新聞杯

阪神芝2400mコース概要

スタートは2000mと同じところからスタートして外回りコースを通る。

 

基本は道中スローペースで進み、直線で上がり3F勝負となるので直線での伸びが求められる。

 

神戸新聞杯はこのコースで行われる唯一の重賞であるのコース経験のない馬が出走するケースが多々あるので距離適性と当日の馬場状況をしっかり考えることが大事になる。

 

今回は台風17号の影響で全国的に雨の予報となるので、距離適性はもちろん長い馬を狙いたい。

 

 

出馬予定表

f:id:shirokuma_keiba:20190920195345p:plain

◎ヴェロックス

近2走のダービー・皐月賞では3着・2着と好走していて東京2400m、阪神2000mの距離・適性共に異なるコースで好走していて今回も距離・コースに関しては問題ない。

 

先行していくことが好走する条件となり、先行していけなかった東スポ杯・ダービーは4着・3着とやや成績劣る。

 

今回は馬場が悪くなることが想定されるが、小頭数であるので先行していくことは難なくできるはずである。

 

サートゥルナーリアの方が人気になるはずであるが適性などを含めて考えるとヴェロックスを本命にして馬券を組み立てた方がオッズ的にもよいため今回本命に。

 

〇サートゥルナーリア

今回のレースはこの馬がレースの予想を組み立てる上でポイントとなる馬で、本命にするにはオッズと不安要素を比べた時に狙いたい馬ではなかったが、馬自体の能力はトップであるので消去法で対抗に設定。

 

ここまで5戦4勝で唯一負けた前走のダービーも4着と掲示板内を外したことが無く、G1でもまだまだ勝てる能力がある。

 

前走の4着でこの馬の敗因は乗り替わり・出遅れもあるが距離適性が大きい要因ではないかと考えた。

 

本来の適性距離は1800m前後であると想定していて、そのような中でも2000m戦で1着になっているのは高い能力で適性に関係なくねじ伏せているからである。

 

しかし今回は距離が前走と同じ2400mであるが前走の東京の2400mと比べると阪神の2400まは相当タフなコースになる。阪神の坂も考慮すると距離は他の同距離よりも1F長めに想定した方がよい。

 

ましてや今回は雨で馬場が悪い状態であるので距離に不安のある本馬にとってはかなり厳しい条件の中での競馬となる。

 

恐らく今回も1番人気で1番台となり能力面からはもちろん異論はないが、条件的にはかなり苦戦が予想されるため対抗とした。

 

△レッドジュニアル、シフルマン

レッドジュニアル

前走ダービーに出走し、出遅れで後方からの勝負を強いられ後方から外を回って追い込んできたが8着。

 

この馬の好走傾向は末脚での直線勝負であるので小頭数である今回は前走のように差し切れないというパターンにはなりにくいので期待が持てる。

 

ただ、この馬の適性としてはその末脚の良さが生きる東京・京都・新潟あたりがベストであるため、今回のレースでどこまで走れるのかは未知数な部分が大きい。

 

しかしオッズを考慮すると適性が外れるよりもハマった場合のほうが馬券として買いであるので期待したい。

 

シフルマン

この馬は先に挙げたレッドジュニアルとは好走するパターンが対象的で中団から差す様なスピードで勝負するのではなく先行して前で粘るタイプである。

 

そのため適性は十分。加えて早めに勝ちあがることで夏を休養に当ててここに合わせて調整出来たのはかなり大きい。

 

しかしスピードの面で単純に劣るため勝ちパターンに持ち込めても逃げ切ることはかなり難しいとしてヒモに。

 

 

 

オールカマー

中山2200mコース概要

スタンド前の直線入り口からのスタート。1コーナーまでは432mとやや長め。

 

1コーナーが最も高い地点となり、それ以降は下りが続き再びゴール直前で急坂を上る。

 

最後の直線が短いこと・坂を下って3コーナー辺りからもう一度平坦な道を走るのでマクリが決まりやすいコースとなっている。

 

今回は小頭数でスローペースが想定されるなかでの馬場の悪い状態が考えられるので適性のある馬を中心に狙いたい。

 

出馬予定表

f:id:shirokuma_keiba:20190920210352p:plain

◎ミッキースワロー

差し勝負である本馬にとっては馬群に包まれてしまうと厳しい競馬になるが、今回は最内枠ということで思い切って最後方から勝負するのでないかと想定。

 

さらに今回は雨で馬場が荒れるため高速馬場とはならないと考え、直線勝負が向いている本馬の評価を上げた。

 

10頭という小頭数レースであるので内側を走ってロスを少なくして直線で外に出して勝負ができない訳ではないので今回は狙いたいので本命に。

 

得意条件である中山+トップハンデと比べて2㎏軽いこと、人気をウインブライト・レイデオロの2頭に吸ってもらってオッズ的にも狙いどころなのでここは勝負。

 

レイデオロ

この馬の特徴は前からも後ろからも行けるかなり柔軟なレース運びができるところで、しかもそのどちらもが高いレベルで走れるところ。

 

今回は鞍上が福永騎手ということで十中八九中団からの勝負となるだろうが、この馬の能力や適性から考えても勝ち負けだろう。

 

本命に推せないのはオッズよりも明らかにここは叩きであるので調整は良くて6~7割と考えて対抗に。

 

△グレイル、ウインブライト

グレイル

前走は休み明けでの馬体重増(+16㎏)と初めての夏シーズンでの出走となったからか6着となったが今回は2走目で仕上がり、気温もそこまで高くないのでベストパフォーマンスが期待できる。

 

展開的には雨で道悪であれば向いてるが、セントライト記念を中心に考えるとレースレベルの問題だけではなくこの馬自体がレースに前向きに臨めているのか疑問であるので今回は今後変えるのかどうかも含めて勝負レースとなる。

 

ウインブライト

現在重賞3連勝中と今年に入ってからノリに乗っている本馬でありコース適性としても中山は得意舞台で走る条件は揃っている。

 

しかし、問題は調整面でここは同じく調整で評価を落としたレイデオロよりも大きなマイナスで考えている。

 

まずは調整面で海外帰り明けはかなり馬体が緩む上にここに調整を合わせると年内の重賞に合わせるのが難しい→ここでは軽めの調整となるので、ここ3戦のようなパフォーマンスは期待薄。

 

さらに雨でスローペースで運ばれるとこの馬は直線で一気に追い込んでくるようなタイプではないので展開としても不利と考えヒモに。

 

逆に今回ウインブライトがこのレースで勝つようであれば年内の出走するレースは馬券内に必ず入れるべきレベルの馬となったとも判断できるので注目したい。

 

☆クレッシェンドラヴ

前走福島で出遅れ後方から追い込んできて2着とミッキースワローと好走傾向が似ているのは言うまでもなく、ミッキースワローが向いている展開は本馬ももちろん向いているので2頭はセットで予想を組み立てた。

 

先週までの高速馬場であると追走だけで精一杯になると思い、印を打ってはいなかったが雨で馬場が荒れる今回はこの馬向きのスローペースとなりそうであるため穴とした。