【競馬レース回顧】2019年9月4週目(9/21、9/22)次走注目馬

こんにちは~白くまです。🐻

 

今週も各レースの振り返りをして見つけた次走注目馬を紹介していきたいと思います!

 

新馬戦についてはいつも通り次ダビの記事にしていくのでその他の平地のレースについて重賞も含めて振り返りたいと思います。

 

今回はレースの内容にもかなりザックリですが書いています。🐻 

 

  白くまの記事が面白かった!タメになった!という方はクリックで応援お願いします!↓ ↓ ↓

 


競馬ランキング

 

 

 

〈広告スペース〉

 

‘‘投資”競馬専門サイト 「GLORIA」

 

まずは登録して無料で予想を受け取ってみよう!!!

↓↓↓気になった方はバナーをクリック!!!↓↓↓

f:id:shirokuma_keiba:20190913165109g:plain

 

 

9/21

 

中山開催

1R 2歳未勝利 ダート1800m 馬場:良

・平均的なペースで進み、ゴール前でフェイバリットのマクリが決まり1着。

モルタル

→先行して粘って2着。早めに前に出ても粘れた。

 

2R 2歳未勝利 芝1600m 馬場:良

・平均的なペースで進み、直線で抜け出したグレイトホーンがそのまま押し切って1着。

・ブルーノジュネス

→坂でも失速せず、位置取りがよければもっと走れた。

 

4R 3歳以上1勝 ダート1200m 馬場:良

・ハイペースで進み、直線で控えていたコウギョウブライトが抜け出して1着。

・シゲルスピネル

→ハイペースを演出しながらも直線で再加速。平地のコース、もしくは控えての競馬が取れれば。

 

6R 3歳以上1勝 芝2000m 馬場:良

・スローペースで進み、直線での勝負となりヴァイスブリッツが1着。

・ヴァイスブリッツ

→坂でも失速せず勝ちきる。能力に大きな差がないためこの馬が上の条件でどこまで走れるかがこの組の基準となる。

 

7R 3歳以上1勝 ダート1800m 馬場:良

・スローペースで進み、中団から一気に前を交わしたスピアザゴールドが1着。

・ネオヴィット―リア

→後方から追い込んできたが最後まで失速することなくゴール。

 

9R 九十九里特別(2勝) 芝2500m 馬場:良

・スローペースで進み、3頭並んでのゴールとなり僅差でステイブラビッシモが1着。

・エフェクトオン

→外を回しながら後方から追い込んできて3着まで来れた。

 

10R セプテンバーS(3勝) 芝1200m 馬場:良

・平均的なペースで進み、控えていたエスターテが前を交わして1着。

ホープフルサイン

→前決着ながら後方から追い込んできて3着まで来れた。

 

11R ながつきS(OP) ダート1200m 馬場:良

・ハイペースで進み、ゴールドクイーンが逃げ切り1着。

・カフジテイク

→後方から追い込んできた中で最高の5着。ただし、今回は最後のほうに失速していたので坂がないコースで走る時を狙いたい。

 

12R 3歳以上2勝 芝1600m 馬場:良

・平均的なペースで進み、モルフェオルフェが逃げ切り1着。

・ブレイブメジャー

→番手で追走していき、ハンデ差がありながらも好走。自己条件レベルなら勝ち上れる能力はある。

 

 阪神開催

1R 2歳未勝利 ダート1200m 馬場:稍重

・平均的なペースで進み、ファストボウラーが逃げ切り1着。

ファストボウラー

→次走どこまで走れるのかがこの組の基準に。

 

2R 2歳未勝利 芝1600m 馬場:良

・平均的なペースで進み、直線で馬群の真ん中から伸びてきたシャドウブロッサムが1着。

コルテジア

→1着にクビ差の2着。ゴール前でも失速せずに伸びていた。

 

3R 2歳未勝利 芝1800m 馬場:良

・スローペースで進み、残り2Fのところで出たソウルレインがゴール前で交わして1着。

ドゥーベ

→1着にアタマ差の2着。勝ったソウルレインと能力は遜色ないため自己条件なら勝てる。

 

4R 3歳以上1勝 ダート1800m 馬場:稍重

・スローペースで進み、ルプレジールが逃げ切り1着。

サルサレイア

→ルプレジールを追って2着も馬場状態とハンデ差+3㎏を考えると実力は同じか上。

 

6R 3歳以上1勝 ダート1200m 馬場:稍重

・ハイペースで進み、デンコウハピネスが交わして1着。

サイモンミラベル

→自らハイペースを演出し、後方有利な展開となったがしっかり粘って3着の好走。

 

7R 3歳以上1勝 ダート1800m 馬場:稍重

・平均的なペースで進み、直線入り口で先頭に立ったオーヴェルニュがそのまま1着。

・オーヴェルニュ

→ハンデ軽もあるがそれを差し引ても十分なスピードがあるので上の条件でも走れるはず。

 

8R 3歳以上1勝 芝2000m 馬場:良

・スローペースで進み、直線入り口で前が捉えられると外から伸びてきたダンスディライトが1着。

ニューポート

→スローペースからの直線勝負の展開でも先行押し切りで2着まで来れた。

 

9R ききょうS(OP) 芝1400m 馬場:良

・スローペースで進み、直線勝負でプリンスリターンが押し切り1着。

ワンスカイ

→最後方から追い込んだが2着まで来たスピードはOPで十分通用する。

 

10R 夕月特別(2勝) 芝1800m 馬場:良

・スローペースで進み、直線でブランノワールが抜け出して1着。

タンタラス

→直線でも失速せず自分のペースを守って走れた。ハナに立てる展開になれば好走できる。

 

11R 大阪スポーツ杯(3勝) ダート1400m 馬場:稍重

・ハイペースで進み、後方から追い込んできたビックリシタナモーが1着。

タガノジーニアス

→ビックリシタナモーと共に追い込んできたが位置が後ろだった分遅れた。能力は十分。

 

12R 3歳以上2勝 ダート2000m 馬場:稍重

・ハイペースで進み、直線でコマビショウが抜き去って1着。

コマビショウ

→上のクラスでも十分走れるスピードがある。

 

 

 

 

 

9/22

中山開催

1R 2歳未勝利 ダート1200m 馬場:良

・ハイペースで進み、直線でエスニックソングが突き放して1着。

ペルシャンジュエル

→大外から追い込んできて2着と好走。エスニックソングが勝てばこの馬も勝てるチャンスはある。

 

2R 2歳未勝利 芝1200m 馬場:良

・ハイペースで進み、外から伸ばしてきたシュルルヴァンが1着。

テンジュイン、ユニティコ、セルレア

→シュルルヴァンと能力的には大差がなく自己条件なら勝てる。

 

3R 2歳未勝利 芝1800m 馬場:良

・スローペースで進み、直線の追い比べで伸びたレインカルナティオが1着。

・リメインオブザデイ

→ペースを作りながらも大きく失速しなかった。

 

4R 3歳以上1勝 ダート1200m 馬場:良

・ハイペースで進み、中団から伸びたアポロビビが1着。

エリンアクトレス、エースロッカー

→スピードで1着のアポロビビに劣るが、ハイペースの中で先行しながら粘れたのは大きい。

 

6R 3歳以上1勝 ダート1800m 馬場:良

・スローペースで進み、シティーオブスターが1着。

ホウオウトゥルース

→ペースを作りながら粘って3着。番手で勝負しても自己条件なら勝てるレベル。

 

7R 3歳以上1勝 芝1600m 馬場:良

・スローペースで進み、直線でユナカイトが抜け出して1着。

レオンドーロ、アピールバイオ、アルママ

→かなりレベルの近い3頭で、自己条件なら勝てるはず。

 

8R 芙蓉S(OP) 芝2000m 馬場:良

・スローペースで進み、アシャカトブが直線で伸びて1着。

・サペラヴィ

→失速することなくゴール出来ていたので、坂のあるコースでも問題なく走れそう。

 

9R 3歳以上2勝 ダート1800m 馬場:良

・平均的なペースで進み、先行していたアシャカトブが押し切って1着。

アフターバーナー

→マックスハンデ57㎏ながらマクって2着は評価したい。

 

10R 内房S(3勝) ダート1800m 馬場:良

・平均的なペースで進み、控えていたデザートスネークが交わして1着。

ブライトンロック

→後方から追い込んできて3着の好走。

 

11R オールカマー 芝2200m 馬場:良

・スティッフェリオが終始逃げ続けて1着。2強と言われていたレイデオロ、ウインブライトは互いにけん制し合った結果仕掛け遅れ追うことができなかった。

ミッキースワロー

→外々から追い込んできたがロスした分伸びたりなかったが、中山は相変わらず得意。

 

12R 3歳以上2勝 ダート1200m 馬場:良

・ハイペースで進み、先行して押し切ったアル―アキャロルが1着。

アル―アキャロル

→展開・ハンデ共に不利な中でも1着まで来れた実力を評価。

 

 

阪神開催

1R 2歳未勝利 ダート1800m 馬場:良

・平均的なペースで進み、途中からマクッたセイシェルノユウヒが圧勝。

セイシェルノユウヒ

→上級条件でも好走できるスピードを持っている。

 

2R 2歳未勝利 芝1400m 馬場:良

・ハイペースで進み、番手の位置にいたカリオストロが押し切って1着。

カリオストロ

→ハイペースに付いていきながらも直線でもしっかり伸びていた。

 

6R 3歳以上1勝 ダート1400m 馬場:良

・ハイペースで進み、後方勢が追い込む中最奥からオーシャンズルーラが交わして1着。

ラタンドレス、ペイシャクレア、サトノアトランテ

→能力はほぼ同等であるので自己条件では勝てる能力があるので後は適性。

 

7R 3歳以上1勝 ダート1600m 馬場:良

・スローペースで進み、控えていたソシアルクラブが抜け出して大差での1着。

ソシアルクラブ

→圧勝であったので評価が難しいところだが、次走でどのくらいまで走れるのか注目。

 

8R 3歳以上1勝 ダート2000m 馬場:良

・スローペースで進み、ワイルドシングが追い比べで勝ち1着。

セロシア

→坂でも大きく失速せず十分走れていた。

 

9R 甲東特別(3勝) 芝1600m 馬場:良

・スローペースで進み、直線で抜け出したブルべリアチョイスが1着。

・シュバルツボンバー、スラッシュメタルヴィッテルスバッハ

→能力は十分備えているが、展開の助けが必要。

 

10R 西宮S(3勝) 芝2000m 馬場:良

・スローペースで進み、ゴール手前でジェシーが抜け出して1着。

シャルルマーニュ

→この阪神コース+3勝クラスでもゴール手前まで粘ったのなら十分勝てる能力がある。

 

11R 神戸新聞杯 芝2400m 馬場:良

・スローペースで進み、サートゥルナーリアが持ったまま直線入り口で先頭に立つとそのままゴールで1着。ヴェロックスはサートゥルナーリアの後ろに控えた時点でこのレースの勝ちを目指しておらず、叩き台であったことは明らか。サートゥルナーリアは成長したことでかなり欠点のない馬となった。

サートゥルナーリア

→重賞でもやれる能力が備わってあといくつかのG1勝利をしてもおかしくない。

 

12R 3歳以上2勝 ダート1200m 馬場:良

・ハイペースで進み、ラスト2F過ぎからアヴァンティストが抜け出して1着。

・コウエイアンカ

アヴァンティストと共に追い込んできて2着まで来た通り能力は十分ある。