【2019シリウスS】注目は驚愕のレースをした○○とダートに転向した○○??

こんにちは~白くまです。🐻

 

今回は阪神競馬場で行われるシリウスSの予想をしていきたいと思います!

 

  白くまの記事が面白かった!タメになった!という方はクリックで応援お願いします!↓ ↓ ↓

 


競馬ランキング

 

〈広告スペース〉

 

‘‘投資”競馬専門サイト 「GLORIA」

 

まずは登録して無料で予想を受け取ってみよう!!!

↓↓↓気になった方はバナーをクリック!!!↓↓↓

f:id:shirokuma_keiba:20190913165109g:plain

 

シリウスS

阪神ダート2000mコース概要

阪神芝内回りのポケットからのスタートになるが、芝の部分は100mもないので芝スタートでの経験のある・なしはそれほど大きな差にはならないはず。

 

スタートから1コーナーまでは約500mと長めで先行争いが起きやすい。そのため先頭に立ちたいならスタートよりも二の脚の速さも求められる。

 

距離が2000mであるが、1コーナーまでは比較的ラップが速くなるがその後はペースが落ち着き直線での勝負となる展開が多い。

 

坂があることを考慮すると同コースで好走した馬、もしくは坂のあるコースで高パフォーマンスを発揮したことのある馬を中心に狙いたい。

 

出馬予定表(あいうえお順)

f:id:shirokuma_keiba:20190925090744p:plain

 

◎ジョーダンキン

ここまでのキャリアで16戦6勝。その6勝の内3勝が阪神ダート2000mと今回のコースを最も得意条件としている。

 

同コースで行われる3勝クラスの甲南Sでは2着に0.8秒差を付ける圧勝で、レースタイムは2:04.2と馬場が稍重であったことも踏まえると物足りないが及第点レベル。

 

前走の名鉄杯ではスマハマが軽く流して走っていたとはいえ、格上である同馬との着差が0.1秒差と十分すぎる走りを見せてくれた。

 

今回鞍上がコンビを組んだ時(3-0-0-1)と好成績である岩田康騎手であり、ハンデも55㎏とトップのグリムと比べると3㎏も軽い。

 

好走する条件はかなりそろっている+オッズもそこまで低くないので今回は本命で狙いたい。

 

〇ロードゴラッソ

阪神ダート2000mは初挑戦になるが、元々は芝1800~2000mを主戦にしてきた馬だけにスタミナが問われる同コースでも問題なく走れるはず。

 

芝・ダートを通して坂のあるコース(中山・阪神)では、(3-0-0-1)と問題なく走れているので坂に関しても大きく不安視するほどではない。

 

この中で唯一6着となったマーチS(G3)もレースとしては1着となったサトノティターンと大きく離されておらず、上がり3Fタイムもサトノティターンに次ぐレースで2番目に速かった。

 

前走は大外枠でありながら、内に入れていくところまでは問題なかったが早仕掛けで直線ではガス欠してしまったところを見ると内を回して差していくのがベストであり、鞍上も前回で理解していると思うので今回は内を回すはず。

 

ハンデ55㎏とこの馬も条件に恵まれており、好走できるはずとして対抗に。

 

△グリム、タイムフライヤー、マッスルビーチ

グリム

前走のエルムSではペースが速くなってしまって追走だけで精いっぱいになり、最後の直線では全く良さがでなかった。

 

阪神ダート2000mであれば、ペースも前走程上がらず(3-1-1-0)と得意としているローカル交流のコースのように直線も短いのである程度走れるのではないだろうか。

 

今回一番気になるのはトップハンデ58㎏ということと、万一馬群に囲まれると詰まるということ。

 

先行押し切りでいくとしても過去最大重量の58㎏のハンデを考慮すると、距離的には1800mくらいがベストの本馬にとってはゴール手前での失速の可能性が高い。

 

不安要素と一番人気で2倍台になると考えるとローリターンであるので、ヒモに設定。

(9/27追記)

グリムは出走を取り消したため外し、

タイムフライヤー・マッスルビーチの2頭ヒモとします。

 

タイムフライヤー

ダート転向2戦目。前走の初ダートでは約6か月の休み明けで+18㎏となりこれまでで最大体重になる484㎏での出走であったが、ハイペースの中先行し6着(1着と0.5秒差)。

 

馬体を見た印象では体重が増えた割には太めに感じず、思いのほか締まっていたので体重増は本格的にダート路線を戦うために大きくしたものだろう。

 

どちらかというと今後長い目で見てダートでは活躍していく馬であるとは思うが、今回3着以内に来てブレークするかと聞かれたらかなり微妙なラインである。

 

体もそうだがレース経験も浅いのでここは試験的な意味合いが強いはず。しかし前走でハイペースの中先行するという経験をしている通り、ペースの落ち着きやすい今回ではかなり余裕を持って走れるはず。

 

マッスルビーチ

今回のレースでどんな走りができるのか最も楽しみにしている馬で、前走の鳥取特別(2勝クラス)ではハイペースの中大外を回してきて前を交わすと2着に0.6秒差をつける圧勝。

 

ここまでだとメンバーレベルの低いレースにありがちな展開だが、過去十年の鳥取特別が行われた阪神ダート1800mでマッスルビーチが出した1:50.0より速いタイムは重賞抜きでモルトベーネの1:49.8しかない。

 

また、展開的にも決して恵まれてはおらず4コーナー付近では先頭とは約10馬身差があっての圧勝なので素質は十分すぎる程ある。2・3着に来た馬も直線で入った時は先頭にいた2頭なのでマッスルビーチの末脚の凄さが際立った。

 

G3のような重賞であれば本来2勝クラスから勝ち上がってきた馬に印をつけるようなことはめったにないが、今回ハンデ50㎏とその末脚を発揮できる条件にあるだけに狙いたい馬となった。