【2019スプリンターズS】混戦のスプリントG1を制するのは一体どの馬?【競馬】

こんにちは~白くまです。🐻

 

今回は中山競馬場で行われるG1スプリンターズSの予想をしていきたいと思います!

 

  白くまの記事が面白かった!タメになった!という方はクリックで応援お願いします!↓ ↓ ↓

 


競馬ランキング

 

〈広告スペース〉

 

‘‘投資”競馬専門サイト 「GLORIA」

 

まずは登録して無料で予想を受け取ってみよう!!!

↓↓↓気になった方はバナーをクリック!!!↓↓↓

f:id:shirokuma_keiba:20190913165109g:plain

 

 

スプリンターズS

中山芝1200mコース概要

外回り向こう正面にある坂の頂上からのスタートで、スタートから下り坂が続いていく。

 

3コーナーまでが275mと短めであるため、内枠にある馬が当然先行しやすいコースとなっている。カーブの角度が緩く、下り坂となっているためか逃げ・先行馬がスピードに乗りやすくポジションを取れるので先行有利となっている。

 

先週までの高速馬場であれば、前に出ていくことができる馬を狙うのが妥当。

 

差し傾向にある馬なら前がハイペースでつぶれてくれないと厳しい展開で走ることとなるだろう。

 

出馬予定表

f:id:shirokuma_keiba:20190928154602p:plain

 

◎モズスーパーフレア

圧倒的な能力が高いという訳ではなく、1番レース運びを計算しやすく好走も期待できるという理由から今回は本命に設定。

 

前走は休み明け+26㎏と大幅体重増の中先行して4着と思った以上に動けていた。今回も馬体重は前走と大きく変わらないようなので少し太目が気がかりではあるが、輸送である程度減ることを見越しての体重であるはず。

 

叩き2戦目となる今回は仕上がってくるはずなので、前走以上のパフォーマンスを発揮できるはず。

 

今回は4枠7番の中枠で条件としてはまずまず良く、モズスーパーフレアよりも先行していけるだろう馬がセイウンコウセイのみであるので恐らく逃げて1番手もしくは2番手でレースを運べる好条件。

 

中山芝1200mでは(3-1-0-0)と得意にしているコースでもあり、今回はベストな条件で臨めることから好走に期待。

 

〇セイウンコウセイ

前走キーンランドC(G3)ではハイペースの中先行し、前崩れで差し有利の展開・トップハンデ58㎏の中6着。前2走であるCBC賞でもハナを切る展開で後方の差し馬が追い込んでくる中で粘って3着と展開に恵まれないレースが続くなか善戦が続いている。

 

今回は2枠3番と二の脚が良い本馬は難なく先行できるはずなので、近走では最も恵まれた展開の中で走れるため好走が期待できる。

 

中山コースでの実績はないが今回はコース適性を不安視するよりも期待値が上回るので対抗とした。

 

△ダノンスマッシュ、レッツゴードンキ

ダノンスマッシュ

1番人気想定ではあったが、今回は坂実績が嫌われているようであまり人気となっていない(9/2816時半現在2番人気3.3倍)

 

最後の直線に坂があるコースは(1-0-0-5)、坂のないコースは(5-2-0-0)となっていて明らかに坂を苦手としているが、今回1枠2番と先行して好位で運べる展開が想定されるので内で脚を溜められれば坂でも大きく失速せずにゴールまで行けるかもしれない。

 

本馬の能力についてはG1も勝利している通りスプリンターとして現役トップクラスであるので、単純なスピード比較では勝てるのでオッズと不安要素を考えヒモに。

 

レッツゴードンキ

牝馬でありながら7歳でバリバリの現役。衰えの心配もなく、出走しているレースではレース上がり最速を記録することが多く武器である末脚も未だ現役トップクラス。

 

勝てない要因は明らかにスタートでの出遅れ。スプリンターであるだけにスタートの遅さは致命的であり、出遅れによって外から回して追い込んでも届かない場面が多い。

 

今回はスプリンターズS4回目の出走になるが、これまで9着(6枠12番)→2着(1枠2番)→5着(5枠10番)となっており、最高成績である2着の時のように久しぶりの内枠(3枠5番)である今回は内でレースを展開して差すことが期待できるためヒモとした。