【競馬】2019毎日王冠&京都大賞典予想

こんにちは~白くまです。🐻

 

今回は東京競馬場京都競馬場で行われる毎日王冠京都大賞典の予想をしていきたいと思います!

 

  白くまの記事が面白かった!タメになった!という方はクリックで応援お願いします!↓ ↓ ↓

 


競馬ランキング

 

〈広告スペース〉

 

‘‘投資”競馬専門サイト 「GLORIA」

 

まずは登録して無料で予想を受け取ってみよう!!!

↓↓↓気になった方はバナーをクリック!!!↓↓↓

f:id:shirokuma_keiba:20190913165109g:plain

 

毎日王冠

東京芝1800mコース概要

1~2コーナーの間にあるポケットからのスタートとなり、コースに斜め入ってくる上にスタートから2コーナーまでは約160mと短いためスタート直後から先行争いが激しくなることはあまりない。

 

最後の直線は525m、坂も約2m程しか上らないため直線での瞬発力勝負になることが多い。そのため、先行押し切り型よりも差しができる馬を狙いたい。

 

 

出馬予定表

f:id:shirokuma_keiba:20191005185639p:plain

展開

アエロリットが内枠に入ったことでこの馬が目に行ってペースを作ると想定。

 

アエロリット前に出ていく分内に空いたスペースに入れる馬が好走するはずと考え、アエロリットの隣に入ったインディチャンプがインからの勝負、アエロリットの作るペースで持続力を維持できれば勝負できるであろうペルシアンナイトを内からの勝負する馬と想定。

 

ダノンキングリ-は外枠に入ったことから思い切って外を回して直線勝負になると考えると、小頭数で外を回すロスもそこまで大きくないため能力の高さから勝ち負けと考えた。

 

末脚の使えるモズアスコットもヒモに入れるか悩んだが、ダノンキングリ-の外枠であったためロスが大きくなれば追いきれない可能性が高くなるので今回は見送った。

 

◎ダノンキングリ―

左回り(2-1-0-0)、ここまでのキャリア全5戦に騎乗している戸崎騎手とのコンビ(3-1-1-0)。加えてハンデ54㎏と今回は条件にかなり恵まれていて好走する条件が整っている。

 

1600~2000mがこの馬のベストな距離となるが、ダービー(2400m)でも走れるように能力はかなり高い上に対応力もあり、現3歳馬世代トップの馬と考えている。したがって、今回はこの馬が惨敗してしまった場合は3歳世代全体のレベルが例年よりも低く秋の古馬G1では買えないということになる。

 

今回外枠に入ったことで距離に不安があり内を走りたい馬がカベとなってしまう心配も少なく、直線勝負で強いこの馬を本命にした。

 

〇アエロリット

理想は先行押し切りで行くことで、今回は枠とメンバーを見たところこの馬がペースを作る可能性が高い。

 

左回りが得意(3-3-0-3)で、東京は輸送が苦手な本馬にとってベストな条件であるといえるが津村騎手の初騎乗と小頭数であることを考えると先行押し切りが決まるとはいいがたい。

 

しかし、前に出れれば3着以内に残れる力があるのも確かなので対抗に。

 

△インディチャンプ、ペルシアンナイト

インディチャンプ

安田記念は完璧なレース運びということもあって同舞台である今回も人気するだろうし、枠の結果からアエロリットが前に出たスペースに入りインで溜めて差すことが今回もできそう。

 

しかし今回は安田記念16頭→毎日王冠10頭と頭数が減ったことで外を回してくる馬のロスはそれほど大きくないため、元々ベストな距離が1600m程である本馬がまともに直線勝負してもゴール前での失速が目に見えているためヒモに。

 

ペルシアンナイト

アエロリットの恩恵を最も受けるのは本馬。

 

馬場にデリケートな馬で緩すぎるとトビの大きい本馬は加速できないし、トビの割にスピードがあるわけではないので高速馬場もついていけない。

 

左回りが苦手と見られることが多い(1-1-0-6)が、左回りというよりも馬場が悪かったり、ペースが合わなかった、斜行の影響を受けた…などが起きた時に左回りが多いのでそこまで不安視しなくてもよいはず。

 

発走前まで天気や馬場に左右されるところが大きいのでヒモに設定した。

 

京都大賞典

京都芝2400mコース概要

1コーナーの奥にあるポケットからのスタートでスタンド前を通っていく。

 

最初のコーナーまでは直線で約600mあるため先行争いが激しく行われるコースでもある。コーナーに入るまでに大体の位置取りが決まり、コーナーに入ってからはペースが流れる傾向にある。

 

3コーナーを下る勢いでゴールに流れてくるようなケースが多々見られ、17頭立てという今回は例年のような3F勝負ではなく、4F勝負と考えると前に行ける馬を狙いたい。

 

出馬予定表

f:id:shirokuma_keiba:20191005195132p:plain

展開

最内に入ったノーブルマーズが前に行くことを想定。

 

ノーブルマーズはコース概要に書いた通りの前で下りを利用して3着以内に入ると考えると、上がり勝負というよりも先行押し切りで決めたい馬で最も地力とコースの相性の良いダンビュライトが好走するはず。

 

力のある馬が多いのがグローリーヴェイズが前走やったようにマクリを決めに来ても届かないと考えて、スタートがあまり良くない馬は予想から外すことに。

 

◎ダンビュライト

1着の京都記念のようにある程度ペースが流れた中で押し切れる形で走るのがこの馬の勝ちパターンになる。

 

前走の大阪杯では外を回されてしまい最後の坂で伸びきれない競馬となったが、今回は同じ外枠でも控えていく馬が多いためそこまで労せずにポジションを取れると踏んで本命に。

 

〇ノーブルマー

この馬がペースを作ると想定していて、このコースとの相性が最も良いのは本馬であると考え対抗に設定。

 

好走した宝塚記念のように上がりの掛かるレース展開が得意で例年になく頭数の多くなった今回は人気もしなさそうで狙い目か。

 

このレースに対する勝負度合も高いので、実績のある勝負度合の低い馬に対しても十分好走できるはず。対抗に設定。

 

△ウラヌスチャーム、エタリオウ

ウラヌスチャーム

牝馬限定レースへの出走が多いが、前走のように小回りコースが苦手でペースが落ち着き、大回りで平坦コースである今回の条件はベストに近い。

 

さらに好走していた東京2400mでの3歳上1000万条件戦を見ても2000m以上が向いていて、叩き台にしようとしている馬とは異なりこのレースへの勝負度合が高い。

 

エタリオウ

最強の1勝馬と言われる通り能力はあるものの、トップスピードで走れる距離が1Fくらい(約200m)であるので追い込んでも届かないようなことが多い。

 

前走の宝塚記念のようなタフな展開になると弱いが、仕掛けを遅らせて追い込んだダービーなどのレースでは好走できている。

 

ここでも能力は上位であるがノーブルマーズが前に出て空いた先行できるスペースに入って先行していければ好走できると想定し、ヒモに設定。