【2019秋華賞】台風で大荒れ予想の中狙うべきは〇〇組???

こんにちは~白くまです。🐻

 

今回は京都競馬場で行われるG1秋華賞の予想をしていきたいと思います!

 

  白くまの記事が面白かった!タメになった!という方はクリックで応援お願いします!↓ ↓ ↓

 


競馬ランキング

 

〈広告スペース〉

 

‘‘投資”競馬専門サイト 「GLORIA」

 

まずは登録して無料で予想を受け取ってみよう!!!

↓↓↓気になった方はバナーをクリック!!!↓↓↓

f:id:shirokuma_keiba:20190913165109g:plain

 

秋華賞

京都芝2000mコース概要

スタンド前の直線の半ば辺りからのスタートで1コーナーまでの距離は309mと短い。そのため、先行争いが激しくなりがちで中盤もペースが落ち着くということがないと逃げ・先行馬がバテて差されるケースもある。

 

コーナーは全部で4回、坂もあるが基本的には平坦な道が続く。

 

ゴール前の直線が328mと短いことから先行有利に思えるが、馬群や先行争い、今週のような道悪が重なると消耗しやすいコースであると考えてスタミナのある馬をねらっていくのがよい。

 

ステップアップレースが、

ローズS(阪神芝1800m)

紫苑S(中山芝2000m)

オークス(東京芝2400m)

となるが道悪が予想されるだけにローズS組はやや評価を下げた。

何故なら今回条件的に厳しい競馬を強いられると予想したからである。

 

3コースの特徴まとめ

ローズS(阪神芝1800m)

コーナーが2回。スタートから3コーナーまでの距離が665mと長い上にコーナーの距離も長いためペースが全体的に落ち着いていて、直線での瞬発力勝負になる。

 

紫苑S(中山芝2000m)

コーナーが4回。スタートから1コーナーまでは405mと長めだが先行争いが激しくなりやすい。後半は中山特有のゴール前急坂もあるためタフさも必要。

 

オークス(東京芝2400m)

コーナーが4回。長距離であることからスローからの上がり勝負になることが多いが、今年はやや時計が速く前残りの展開となった。

 

分かりやすく一言で表すと、

ローズS瞬発力

紫苑Sスタミナパワー

オークススタミナ瞬発力

 

が要求されるコースになっているが、秋華賞コースとの親和性が高いのは紫苑SオークスのコースであるのでローズS組は評価をやや下げている。

 

出馬予定表

 

f:id:shirokuma_keiba:20191011161130p:plain

 

展開予想

枠順決定前の印は、

コントラチェック

〇ビーチサンバ

エスポワール、フェアリーポルカ、シゲルピンクダイヤ

 

◎のコントラチェックが逃げるのをビーチサンバ以下3頭が先行前残り勝負と見立てていたが、枠順的に外枠に逃げ・先行したい馬が固まったので内~中枠で先行・差しで前が消耗したところを交わすor差す馬を狙うのに切り替えた。

 

レースの展開は、

メイショウショウブが内から前に出る最有力馬、あとは外から前に出たいコントラチェック・シングフォーユーらが被せてくるので前に馬が固まる展開に。

 

前を取りたい馬同士で争うなら番手以下の特にインコースは開くはずなのでそこに入りやすい先行が出来て最後前の馬がバテた時に差し切れるor脚が止まらないスタミナのある馬を狙う。

 

狙いやすいのは内~中枠に居る先行できる馬。そうなると必然的にレース適性の低いローズS組は外し、3頭に絞った。

 

◎クロノジェネシス

瞬発力は現3歳世代TOPクラス。前走はオークスで3着と長い距離でも対応できる所を見せた。控えて末脚勝負だけではなく、先行力を生かして前でも競馬が出来ることから今回は本命に。

 

気になるのはデビューして初めて長期放牧されているところ。調整が上手くいってないと馬場が悪くなるだけに早めにバテてしまう可能性が高い。

〇フェアリーポルカ

若駒Sで牡馬のヴェロックスらに食らいつき3着でこの馬にとって本コースは適性十分、前走2着も春からの成長を見せての余裕残しで内容も高評価。

 

本馬は走るのに前向きすぎる故に脚が溜められず、やや伸び足りないというケースが多いが今回の道悪でその気性を抑えてくれるはず。

△カレンブーケドール

 上がりの速い競馬は苦手なので、先行押し切りで行くとすると中枠の今回は他の馬をよく見れて最適枠であるといえる。

 

スタミナ自体はかなりある方だが、道悪の時の脚元が不安であるだけに不良馬場であるとかなり厳しい競馬になりそう。