【2019府中牝馬S】混戦模様の牝馬戦狙うべき馬はこの2頭!!!【競馬】

こんにちは~白くまです。🐻

 

今回は京都競馬場で行われるG1秋華賞の予想をしていきたいと思います!

 

  白くまの記事が面白かった!タメになった!という方はクリックで応援お願いします!↓ ↓ ↓

 


競馬ランキング

 

〈広告スペース〉

 

‘‘投資”競馬専門サイト 「GLORIA」

 

まずは登録して無料で予想を受け取ってみよう!!!

↓↓↓気になった方はバナーをクリック!!!↓↓↓

f:id:shirokuma_keiba:20190913165109g:plain

 

府中牝馬S

 

東京芝1800mコース概要

 

1~2コーナーの間にあるポケットからのスタートとなり、コースに斜め入ってくる上にスタートから2コーナーまでは約160mと短いためスタート直後から先行争いが激しくなることはあまりない。

 

最後の直線は525m、坂も約2m程しか上らないため直線での瞬発力勝負になることが多い。そのため、基本的には先行押し切り型よりも差しができる馬を狙いたいコースである。

 

しかし今回は台風通過の影響もあり、馬場が荒れている想定であるので東京競馬場の水野はけ方は内から乾いていくので外枠の馬はコンディションの悪いまま走る可能性が濃厚。

 

なので、先行のできる馬の中で力のある馬を狙うことに切り替えて予想を組み立てた。

 

出馬予定表

f:id:shirokuma_keiba:20191014020636p:plain

 

展開

まずは先行していく馬を考えたところ、最内枠に入ったジョディ―が前に行くことは必然としても同じく先頭に立つ可能性の高いエイシンティンクルの方が中枠で囲まれる危険が少ないことから本命に。

 

人気馬の中では実力もあるながら脚を長く使えるクロコスミアは好走しない確率とオッズを考えた時に買わない選択肢がない。

 

そうして開いたスペースに入るのがミッキークイーンで、内に入って押し切ることもできるので上手く進路が取れれば勝てるチャンスもおおいにある。

 

エイシンティンクル

前走の札幌記念では牡馬G1馬達相手に6着と好走。実力が高いということは証明したのでここでも実力上位とみる。

 

今回初の東京レースではあるが、全兄のエイシンヒカリ3勝していることからも血統面から東京適性というのは心配するレベルではないので問題にしない。

 

前走の札幌記念では牡馬のG1馬達相手に6着と実力のあるところも見せてくれているので能力面でも不安はなし。正直オッズ的にもかなり美味しい状況なので迷わず本命。

 

〇クロコスミア

レースごとに着差の幅が大きいのでムラのある馬とみられるが、馬体の仕上がり度合い=勝負度合いによって違う場合が多いのでパドックなどで仕上がりはよく見ておく必要がある。

 

しかしエイシンティンクルと共にここでは能力上位で前走の札幌記念では7着ではあるものの明らかな不利を受けてても1着との着差は0.7秒と力は十分。

 

正直能力的にはエイシンティンクルよりもクロコスミアの方が上であると考えているが、仕上がりの面で少し不安があるので少し評価を落とした。

 

△ジョディ―、フロンテアクイーン

ジョディ―

ハンデ52㎏、最内枠という逃げることが好走の条件である本馬にとっては絶好のチャンスで、内から乾いていく馬場もあり今回馬場の恩恵を最も受ける馬だろう。

 

最後までしっかり走り切れるスタミナもあり初の東京ではあるが、恵まれた条件の中で好走できる確率は高いと踏んでヒモにした。

 

フロンテアクイーン

昨年も本レースに出走し、その時は3着と好走。しかもレースメンバーも今回よりも高いメンバーの中での3着は高く評価できる。

 

今回は中枠で馬が前に言った分開いたコースに入れるはずなので、好走してもよいはず。力のいる馬場でも問題なく走れるので道悪でも好走できれば3着以内には入れるだろう。