【2019京王杯2歳S&ファンタジーS】現2歳世代が大舞台へ向けて激突!注目馬は?

 白くまの記事が面白かった!タメになった!という方はクリックで応援お願いします!↓ ↓ ↓

 


競馬ランキング

 

〈広告スペース〉

 

‘‘投資”競馬専門サイト 「GLORIA」

 

まずは登録して無料で予想を受け取ってみよう!!!

↓↓↓気になった方はバナーをクリック!!!↓↓↓

f:id:shirokuma_keiba:20190913165109g:plain

 

京王杯2歳S予想

東京芝1400mコース概要

 スタート直後に上り坂があり、400m程行くと3コーナーになるため1400mの割にはハイペースのなりにくい傾向にある。

 

直線に入ってからのよーいどん!の瞬発力勝負になりやすい。そのため前に行けるスピードと持続力がある馬についていけない馬が産まれることもあり、距離に不安のある先行押し切りのスプリンタータイプは狙いにくい。

 

 

 予想印

◎ヴァルナ

〇セイラブミー

△カイトレッドマイネルグリット

 

消し→ビアンフェ

 

券種はワイド◎→〇、△

 

考察

 このレースでの逃げ馬候補は2頭で、ヴァルナとセイラブミー。 

◎ヴァルナは前走逃げでも上がりレース最速を出すほどのスタミナを持っているが、直線で中団から勝負できるような加速力とスピードはないので中枠を活かして前に出て勝負してくるはず。馬体が大きいがスタートでの反応よく、スタミナ勝負に持ち込んだ場合は3着以内に残れる力もある。

〇セイラブミーも前走逃げ切り勝ちではあるがスタートよく、テンも速く早めに位置を確保できたのが好走につながった。1200mで最後にセルフィーに迫られたが、失速してではなく自らペースを維持しながらの1着であったので1F伸びても十分走れる。

 

中枠に入った2頭が前に出るため外枠の馬でもそこまで労せずに開いたスペースに馬を潜り込ませることは可能になるので、先行しながらも押し切れるような前で勝負できる馬を狙いたい。

そうなると2頭が前に出た分内に入れるカイトレッド、内枠に入ってしまったが新馬戦で坂のある中京コースを重馬場の勝ち切ったスタミナがありながらも短距離で結果を残しているスピードを持つマイネルグリットの2頭を狙いたい。

△カイトレッド新馬戦では先行していく競馬の中でペースに合わせた他馬が軒並み失速していくなかで押し切る好走。前走は一転後方から仕掛ける競馬になったものの5着まで来るなど前走のレースメンバーの中では最も能力のある馬であった。先行でも中団でも勝負できる馬であるのが前走のように差しが届かず4着なども考えられるので評価をやや落とした。

マイネルグリットは馬体的には緩く映るところが見られるが使うたびに良くなっている印象。前走ではイン突きが出来ている+ビアンフェ・ヴェルナが前に行くとなるとペースが流れるため詰まる可能性は低い。そうなると内枠に入った馬の中で最も先行出来る馬であるマイネルグリットは展開として恵まれる。評価を落としたのはここまで3戦3勝と馬柱がキレイすぎるので5番人気以内に入るのは必至なので連系で買う場合は必須だがワイド中心で考えている白くまの馬券では配当が美味しくないためヒモにした。

 

消しとしたビアンフェは前走逃げ切り勝ちもラスト2Fの内容としてはタイセイビジョンに軍配が上がるもので、タイセイビジョンが前カベ状態で仕掛けが遅れた分逃げ切れた内容で失速の仕方を見ても距離不安が大きい。しかし、なまじスタートが良くテンの速いため外枠ながら前に出てくると思われるが、内に居るヴァルナ・セイラブミーには付いていけないはず。そもそもがスタミナに不安があるので前争いしても前で粘ることは出来ない可能性が高いこと、オッズの割に期待値が低いため消しとした。

 

 

 

 

 

ファンタジーS予想

京都芝1400m外回りコース概要

スタートから3コーナーまでは512mで、3・4コーナーは内回りに比べるとアップダウンがキツイので下りでスピードに乗りやすい。

 

短距離で先行馬が有利ではあるが、外回りコースではゴール前が内回りよりも長く差しも届くコースとなっているので展開次第では後方からも差せるケースも生まれる。

2歳戦であり、先行馬が多い今年のレースは折り合いが付き中団からも勝負の出来る馬を中心に狙いたい。

 

予想印

◎ヤマカツマーメイド

〇ベッラヴァルタ

△ラヴォアドゥース、エレナアヴァンティ

 

消し→マジックキャッスル

 

券種はワイド◎→〇、△

 

考察

絶対的に逃げたい馬がいないため、先行していく馬の中で”ハナを切ってしまった馬”が先頭になり、ペースを作るはずだがそもそも先行押し切りの競馬を取りたい馬が多いのでペースは流れるはず。そうなると折り合いのつく馬を狙うことになる。

◎ヤマカツマーメイドは前走今回と同じコースで行われるりんどう賞で1着。馬群で折り合って脚を溜めて狭い進路をこじ開けての勝利。走るごとに成長してきていて、馬群の中でもひるまない勝負根性もあり今回のように逃げ馬がおらず、前に馬群が固まると考えられるレースでも問題なく走れるはず。

〇ベッラヴォルタ新馬戦は逃げての2着。2走前は追い出しのタイミングが悪い中でもヤマカツマーメイドと0.1秒差の2着。さらに前走では連闘に加えて大きな出遅れの中で追い込んでの1着と常に厳しい条件のレースの中好走してきた。今回は最内枠であるということで馬群に囲まれる可能性があるが、能力の高さは織り込み済みなので不利さえなければ差し切れるだけの能力はある。

 

△ラヴォアドゥース新馬戦でリアアメリアに大差を付けられての3着も2走目から成長。速い時計にもしっかりと対応できるようになり、さらに前走はラインベック新馬戦レースで2着のアージオン、クラヴァシュドール新馬戦レースで2着のスターズプレミアを下しての1着。しかも逃げ切り勝ちと終始ハナを譲らない好走だったので今回も能力では上位とみている。

△エレナアヴァンティは前走の新潟2歳Sでは逃げての5着もどちらかというと逃げたくて逃げたというよりもスタートしてからのポジションが前に取れすぎてしまったが最内枠のため下げることもできず仕方なく逃げとなってしまい、最後まで脚を溜められなかったことが響いた。前走の走りから距離は1400mまでがベストということが確認できたので距離短縮で1400mで出てきた今回は前走のように走りにはならないはず。

 

消しのマジックキャッスルは本質的にはスプリンターの気質が強いので距離短縮は〇。しかし、今回のレースメンバーでは先行してからの直線でも脚の使えるようなタイプが狙い目で同じような前に行きたい馬と争って位置をとっても直線で一気に加速ということが出来るのか不安であるので消しに。また、この馬だけではないが輸送の心配とこれまで牝馬限定戦しか出走していないので同レベルの馬と競った時にどうなるのかが未知数であるが人気しているので評価を下げた。