【2019アルゼンチン共和国杯&みやこS】混戦模様のステップアップレースで狙うのはこの馬!【競馬】

白くまの記事が面白かった!タメになった!という方はクリックで応援お願いします!↓ ↓ ↓

 


競馬ランキング

 

〈広告スペース〉

 

‘‘投資”競馬専門サイト 「GLORIA」

 

まずは登録して無料で予想を受け取ってみよう!!!

↓↓↓気になった方はバナーをクリック!!!↓↓↓

f:id:shirokuma_keiba:20190913165109g:plain

 

アルゼンチン共和国杯

予想東京芝2500mコース概要

目黒記念アルゼンチン共和国杯が行われるコースで1年で2回しか使用されない。

2400mのスタート地点を100m延ばしたところがスタート。

1コーナーまでの距離はおよそ450m。スタンド前直線の坂下からスタートし、すぐに上りとなるため2400mよりもスタートしてすぐは落ち着く傾向にある。

直線の坂を2度上ることもありゴール前は瞬発力、スタミナも必要。

予想印

◎ルックトゥワイス

〇ムイトオブリガード

△アイスバブル、トラストケンシン、アフリカンゴールド

 

考察

外枠に入ったパリンジェネシスオジュウチョウサンが逃げ馬(ペースメイカー)候補になるのだが、どちらもハイペースレースを作った経験がないので恐らくどちらが先頭でもSペースになることは必至。

直線で一気にトップスピードに持っていくような加速力を持っていないパリンジェネシスオジュウチョウサン・ウインテンダネス・ハッピーグリン・アフリカンゴールド辺りは4F勝負をしたいので早めに仕掛けてロングスパート戦に持ち込みたいはず。

中枠辺りに差し馬が多いので外から先頭を取り、内から先行したい馬が出ていくことで特にポジションを取りに行きたいわけではないなら中団~後方の位置に落ち着く。脚を使わなくても走れるので直線まで脚をしっかり溜めていくことができるだろう。

ゴール前に坂もあるようにロングスパートをかけたとしても距離に不安のある馬は脚が止まる可能性大。そうなると過去にこのコースを経験した馬や重賞で3Fで速いタイムを出しているものの勝ちきれていない馬を狙いたい。

 

◎ルックトゥワイスは今年の目黒記念を勝利した通りこのコースでの適性に問題がなく、ペースが流れてヨーイドンの競馬になりそうな今回もピッタリな1頭である。ただ、テンションが高く入れ込んでしまうことがあったりするので気分が乗らなかった場合はあっさり離されて終わることも考えられる。

 

〇ムイトオブリガードは昨年の本レースで2着とこちらも適性面での不安はない。今年の目黒記念でも後方から追い込んで5着と末脚の良さを見せていた。この馬もSペースからの直線勝負が得意なので今回も狙いたい。

 

△アイスバブルは先に挙げた2頭程キレるような末脚を使える馬ではないが、直線で勝負できる馬である。前走は距離短縮をして2500mから2000mに出走したが、その分忙しい競馬になってしまい直線で脚を溜めることができなかった。今回は再び距離を戻しての競馬なので上がりの使える条件は整った。

 

△トラストケンシンは3F勝負のできる馬で、前走はアフリカンゴールドと0.2秒差ながら今回はハンデ差-2㎏となるのでハンデ差を考えるとアフリカンゴールドと同等レベルの走りが期待できる。左回りも得意で人気薄になるなら狙いたい馬である。

 

△アフリカンゴールドは前々走は去勢明けで4着。前走は準OPで1着と好走しているように走るたびに成長してきていているものの圧勝ではないので今回は鞍上人気が強いのかなといった印象。ただ過剰人気が気になるので単勝オッズ3倍以下になるなら点数に加えなくてもよいと思う。

 

 

 

 

 

 

みやこS予想

京都ダート1800mコース概要

スタンド前の直線半ばからスタートして、1コーナーまでの距離は286m。ダ1800mの日本レコードが出ているように、速い時計が出やすいコースとなっている。

 

本来であれば逃げ・先行が圧倒的に有利なコースとなるはずだが、今年は逃げ馬が多いためペースを上げすぎた結果前崩れとなる展開が予想できるので直線で勝負できる馬を狙いたいところ。

予想印

◎ラビットラン

〇キングズガード

ウェスタ―ルンド、ヴェンジェンス

 

考察

逃げそうな馬がヴェンジェンス・アドマイヤビクター・スマハマ・ワイドファラオ・テーオーエナジー・インティと6頭もいるレースであるので、ダートレースながら前が潰れて差しの決まる展開となるのではないかと想定している。

 

◎ラビットランは前走休み明けで+30㎏ながら3着。大幅な馬体重増から2戦目で前走以上の好走が期待できるのと去年のJBCクラシックでは2着になるものの適性は十分あるところが見られた。前走からハンデ‐2㎏となり、馬として恐らく最も買いのタイミングとなるはず。

 

〇キングズガードは走ることに真面目で調子に関わらず直線で追ってくれる馬なので今回のような前争いが厳しくなり崩れる可能性の高いレースであるので、末脚という決めてのあるこの馬を狙いたい。ラビットランよりは馬券として狙う勝負度合が低いので対抗とした。

 

ウェスタールンドは休養明け+今回のレースが叩き台の可能性が高く、勝負度合が低いが直線での3F勝負に強い馬であるのでヒモで狙いたい。また、今回は休み明けの関係でハンデが56㎏とそこまで重くならなかったのでしっかり走れれば勝ち負けまでくる可能性も十分ある。

 

ヴェンジェンスは本来ベストの距離が1400m辺りになるが最内枠であるので上手く前に出てロスなく立ち回ることができたら楽に勝負できるはず。前走1800mの不良馬場でも末脚が使えているように1800mまではしっかりとこなせるはずなので今回人気薄(単勝オッズ10倍以上)になるようなら狙いたい。