【2019デイリー杯2歳S&武蔵野S】重賞制覇を狙う2歳素質馬とダート馬が集結!展開から読み解く!【競馬】

白くまの記事が面白かった!タメになった!という方はクリックで応援お願いします!↓ ↓ ↓

 


競馬ランキング

 

デイリー杯2歳S

京都芝1600mコース概要

向正面直線を延長したポケットからスタート。

3コーナーまでの直線距離は712mと長く、横広の状態のまま先行争いになる。なのでテンからペースは速めで、中盤で緩むことも少ない。

向正面から徐々に坂を上っていくような形状で3コーナーで頂上に達し、4コーナーにかけて下る。長い向正面と直線に近い3~4コーナー、400mほどの最後の直線と直線で勝負できる馬を狙いたいコースとなる。

 

今回は2歳馬戦であるので前走までの走りに加えて成長文がどこまで見込めるかも加味した予想になるが、基本的にはこれまで実績を残している実力馬のなかから展開の恩恵を受ける馬を狙いたい。

予想印

本命◉レッドベルジュール

対抗〇ペールエール

ヒモ△トリプルエース

穴 ☆アサケエース

 

考察

絶対的に逃げたい馬が不在の今年は恐らく先行馬の中から押し出される形でペースメーカーが作られるはず。

内枠に入ったコルテジアがペースメーカーとなる最有力となり、中枠に入ったサクセッション・アジャストザルートが外から被せて前に出てくるはずなので、ペールエールは前に出たいこれらの馬を見ながら少し控えるだけで楽に先行策をとることができる。

外枠には先行していきたい馬がいないので前に出していこうとしなければ外にいる馬は後ろに控えていくはずなので、前と後ろに馬群が分かれるレースになりそう。

この展開で最も楽にポジションを確保していけるのは内枠に入った先行馬である先に挙げたペールエールとレッドベルジュールの2頭。

 

◉レッドベルジュールは最も内枠に入り、先行しやすいことにも加えて新馬戦では阪神の1800m戦で上がり3F33.8秒と好タイムを記録していて今回1F短縮で後方からの追い込みになると距離短縮はプラスにならないが、先行して追い込めるこの馬に期待したい

 

ペールエール新馬戦がかなりのハイレベルレースでこの組ではこの馬以外の2頭が次走未勝利戦で勝ちぬけている。中京芝1400mでの重馬場での好走から新潟芝1600m良馬場でもパフォーマンスを落とさず、距離延長の中上がり3F33秒台を出していることからも今回先行しても直線で勝負できるはず。

 

△トリプルエースは1200mでしか使われておらず今回初の距離延長。前走は重馬場の中追い込んできての2着。1200mではかなり忙しい競馬になっていたので距離延長をそこまで不安視しなくてもよいはず。前に行くと想定する馬が横枠に入っているので位置取りも苦労しないはずなので今回は期待したい。

 

☆アサケエースはこれまで3戦で急坂(中京)道悪の中で好走してきているだけに今回はキャリアで初めて良馬場のなかでの競馬となる。かなりキツイ条件のレースの中でもしっかり上がり3Fを使ってくるなど、走る時は常に全力で走る馬なので今回外枠ではあるものの、バテずに外からの勝負も可能。ただ、直線で一気に加速していくタイプではないので早仕掛けになるため他の馬に単純なスピード面で劣るため穴にした。

 

 

 

武蔵野S

東京ダート1600mコース概要

芝からスタートしてダートコースに入るまで芝を150mほど走るため、外枠の方が芝部分が長くスピードが付きやすい。しかし今回の枠順を考えると外枠に入った馬で前で勝負したい馬はおらず、前に行く馬は中枠に入ったので必然的に中枠に入った馬が前に出てくるだろう。

最初のコーナーまでの距離はおよそ640m。長い距離を走ることになるが芝スタートでスピードに乗ることもあり、スローペースになることは少ない。

 

道悪になると芝スタートの優位性が薄れて各馬のスタート・テンのスピードがモノを言うコースとなるので天候や馬場には注意が必要。

予想印

本命◉デュープロセス

対抗〇グルーヴィット

ヒモ△タイムフライヤー

穴 ☆フェニックスマーク

 

考察

前に行きたい馬が中枠に固まり、ドリームキラリが前に出ると想定すると中から内に被せるとこれに合わせて他の先行馬が引っ張られるとするとペースは上がるはず。ドリームキラリが先頭になるとこれまでのレース実績からSペースにはならないことが分かるので、エアアルマスより内に入った馬は軒並み差しなので控えるだけで楽にポジションを確保できるのでこの中から直線でもスピードの落ちない馬を狙いたい。

 

◉デュープロセスは前走は太目残りの中でも5着と好走しているので叩き2戦目の今回は前走よりもパフォーマンスアップが期待できる。元々は同距離で好走しているので距離延長もそこまでマイナスにならず、1400m戦だと忙しい競馬になっているので1600m以上で狙いたい馬。今回展開的にも前走以上に好条件であるので期待したい。

 

〇グルーヴィットはダート→芝→ダートとダート戻りになるのでダートでの走りは不安視していないが、馬の能力自体は他の人気馬と比較すると経験的なところやや劣る部分があるので少し評価を下げた。幸い前に行く馬が中枠に入ったことでデュープロセス同様道中の位置取りは苦労せずに走れる可能性が高くなったので直線勝負になればこの馬にもかなりのチャンスがあるとみている。最重要はスタートで、スタート失敗で下げるようであれば3着以内に入る可能性はかなり低くなる。名手であるスミヨン騎手がしっかりと出してくれればあとはしっかり走れるはず。

 

△タイムフライヤーは芝レースの時は追い込んで勝負というレースが多かったものの、ダートに転向してからはある程度前にポジションが取れるようになるなどレースの運び方を変えてきたが、従来の直線勝負をしてほしい。デビュー以来今回のようなワンターンコースしか経験していない通り前で競るような競馬よりも折り合い重視の直線勝負が向いている馬で在ることが近走の走りから分かったので、ドリームキラリの横からポジションを楽にとれる今回は期待したい。騎手の乗り代わりによって当初より人気がオッズが下がってくれそうで狙いやすくなった。

 

☆フェニックスマークは休み明け3戦でスタートした後の位置取りで苦労し、走りたいように走れないレースが続いたが、今回は前に出てエアアルマスの後ろを追走していくと前に出やすい枠になったので馬としても楽に走れるのではないかと考えた。序盤に置いていかれるというよりも好位につけないレースが続いてからの今回のレースなので前で走れたら狙ってもよいはず。